スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson#25 *気がつけば90分*

2006/09/27 (水)  カテゴリー/2006

このところレッスンから帰ってくると、夕飯→お風呂→まめとのひととき&レッスンの復習その他→いただいたコメントにお返事を書く…。この作業が終わると、もう寝る時間になってしまい、なかなかレッスン当日に日記の更新ができないです
4月から、レッスンの時間が遅くなったせいもあるのかも知れませんね。

昨日は、久しぶりにハノンからスタートしました。

■ハノン■
先生がランダムに指定した調を暗譜で弾く。
D-dur,h-moll,Es-dur,c-moll,A-dur,fis-moll
色つきの部分がかなりもたついてしまいました。♭が苦手と言っていたわりには、ふたつとも♯だ…。

■ツェルニー30番■
◆6番
まず前回の宿題で、苦手な部分のみを抜き出して、粒をそろえることを意識してゆっくり弾き。
ゆっくり弾けたら徐々に早くして、最後に通しました。
「どうですか? だいぶ気持ちよく弾けるようになったでしょう。」と先生。
確かに、あの『あ゛~っ』というイライラ感はなくなりました。
ゆっくり弾くって、地味で根気と忍耐が必要な練習ですが、時間がかかっても実を結ぶものですね。
次回は、四分音符=100以上までテンポを上げるのが宿題です。(←それでも遅い…。)
始めに速さだけ確認したらメトロノームは使わずに、自分の耳でテンポを一定に保って弾けるように。
◆7番
拍子をよく感じて、縦をそろえて弾く。
フォルテだからといって、全部がんばらない。
3,27小節目は、強拍の装飾がついている音符より弱拍の方が弾きやすいため、音が目立ってしまう。弱拍は抜く感じで。
以上のことを注意して通して弾き、卒業しました~

次回から、8番に入ります。
17~21小節の始めまでは手こずる人が多いので、そのあたりをよくみてとのことでした。

■インヴェンション 10番■
初めてのレッスンです。
「これは弾きにくかったでしょう~。」と先生。その通り~。
両手同時にモルデントが入っている7,11,12小節目は、右手のモルデントはひかなくてよいでしょうとのことでした(神の声だ…)。
ほかの部分は、トリルもモルデントも拍の頭から入れるように…頭ではわかっていても、この曲はそれが難しいです。
基本的にはノンレガートですが、7,8小節目の左手ようにタイでつながっている場合は、次の音まではつなげて弾く。以降同じパターンが出てきた場合も同様に。
主題だけは色づけしましたが、この曲はジグ(アイルランドやスコットランドの早い3拍子の踊り)の様相を表しているので、どちらかというとテンポ重視の練習でよいとのことでした。

■ミクロコスモス Vol.2■
◆53番(トランシルヴァニア風に)
両手でひとつのメロディーを受け渡す練習。
Risolutoで二分音符=108なので、早いです。
手首を上げ気味に、高い位置からしっかり打鍵するように。

◆54番(半音階)
バルトークの微妙な和音にはもう慣れましたが、最後の方は、みなさんが聴いたらきっと気持ち悪いだろうなぁ…と思います(笑)。
バルトークのスフォルツァンドは、打楽器のようにガツンと弾きます。
もう少し弾けるようになったらupしようか検討中です。

◆55番(リディア旋法における3連符)
リディア旋法(ファソラシドレミファで、調号はつかない)での3連符が入った曲で、2台ピアノでの連弾です。ファから始まるのにシに♭がつかないのが、気持ち悪いようないいような…なんだかおもしろい曲です(笑)。

ここまで終わった時点ですでに60分。
今日は終わりかなぁ…と思って立ちかけたところ、「はい、最後はブラームスですね
ということで、ブラームス。

■間奏曲 Op.118-2■
まずは譜読みを進めましょうということで、前回までのところはちょっとおいて、レッスン前夜夢中で見ていった、中盤の左手の指づかいをみていただきました。
とりあえず、自分なりに考えた指づかいで弾いてみると、
「うん、いいですね。いい指づかいですよ」やった!!うれしい~
でも、1か所音が間違えているところがありました。当然指も違います。恥ずかしい…。
どうしてよいかわからないところは、私の手を考慮して何通りか試してみて、先生と一緒に決めました。
和音の連続のところは、ひとつひとつ響きを確認しましたが、ここは音の間違いはなかったです。ほっ。
「指づかいは、弾き込んでいくうちに変わっていくこともあるので、これと決めたら変えないのではなく、柔軟に考えていきましょう。」
ということで、レッスン修了。

時計を見たら、ピッタリ90分でした。前回も時間をオーバーしてレッスンしていただいたので、2回で3回分くらいみていただいたことになるでしょうか。
レッスンの時間って、本当にあっという間ですね。

次回は10月2日(月)です。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

小夏さん、頑張ってますね~~♪

私もインヴェンション、続けてますよ^^
それなりに弾けてきて、どんな曲なのか理解できて来ると、楽になるみたいです。

あまり夜遅くならない程度にしないと、好きなピアノをやるのはいいけれど、体調を崩してもいけませんからね^^

↑あ、これ、私自身にも言えてます^^

ゆかこ | URL | 2006/09/27 (水) 23:15 [編集]

こんにちは。
非常に濃い内容の練習をされていますね~。頑張ってらっしゃる様子が伝わってきます。
インヴェンションの10番は<基本的にノンレガート>のようですが、この奏法については習っていないとイメージしにくいですね。

仕事から帰って色々してると、自分のブログが精一杯で、お友達のブログは読み逃げになっています…いつもコメントいただくのに、ゴメンなさいね。。

musika-toto | URL | 2006/09/27 (水) 23:59

レッスンお疲れ様でした。
私も今日レッスンで、気づくと倍くらいの時間レッスン受けていました。。
本当にあっという間ですよね~私の場合、最後は集中力がかけてかなり辛い状態です・・・。

ツェルニー、やはりゆっくり弾くのって凄く大切なんですよね。弾きにくいけれど、ここでしっかり粒をそろえて弾くのが大事なんだな~って実感しています。。

体調崩さないように頑張ってください。私も頑張ります~

ミントティー | URL | 2006/09/28 (木) 21:38

小夏さん、こんばんは^^。
お仕事などもあってお忙しいでしょうに、本当によく頑張っていらっしゃいますね。
すごいな~と感心してしまいます♪

指使い。。間違えて恥ずかしいなんて、そんなことないですよ~。私なんて、レッスン中かなり初歩的なことも質問してしまうし、指使いも間違いだらけですよ。

私が一番恥ずかしかったのは、レッスン中に大笑いし過ぎて、身体が勢いで前に傾いた時に、楽譜立て?におでこをぶつけてしまったことです。。
先生にも笑われてしまいました。。(汗)


こむぎ | URL | 2006/09/28 (木) 22:04 [編集]

★ゆかこさま
こんばんは。いつもありがとうございます。

>それなりに弾けてきて、どんな曲なのか理解できて来ると、楽になるみたいです。
そうですね。私も実感しています。
私の場合、まだ理解できるというにはほど遠いですが、始めた頃に比べると理解度は少しはupしたかなぁと思います。

好きなことに没頭している時間って、本当にあっという間ですよね。
やはりゆかこさんもなんですね!!
お互いあまりがんばりすぎず、好きなピアノを細く長く続けましょうね♪

小夏 | URL | 2006/09/28 (木) 23:43

★musika-totoさま
こんばんは。いつもありがとうございます。

>インヴェンションの10番は<基本的にノンレガート>のようですが、この奏法については習っていないとイメージしにくいですね。
私が教わったのは、記譜されている音符の半分くらいの長さをイメージして弾くとよいと言われました。

>仕事から帰って色々してると、自分のブログが精一杯で、お友達のブログは読み逃げになっています…いつもコメントいただくのに、ゴメンなさいね。。
いえいえ、とんでもないです。私も同じですよ。事実、昨日いただいたコメントにお返事するのがこの時間ですから…。
お互いマイペースで、仕事の疲れを趣味のピアノで癒しましょう~♪

小夏 | URL | 2006/09/28 (木) 23:56

★ミントティーさま
こんばんは♪
今日レッスンだったのですね。お疲れさまでした。

>気づくと倍くらいの時間レッスン受けていました。。
倍ですか(驚)!?それはすご~い!!
私も長めにレッスンしてくださることが多いので、1回分のレッスン代では申し訳ないなぁ…といつも思っています。
だから、たま~にですがお菓子を持っていったりしています。菓子折なんていうと仰々しくて先生も負担に感じてもいけないので、アイスクリームとか、近所の豆腐屋さんのおいしいとうふドーナッツとか(ホントにおいしいのよ~)…。ほんの気持ちです。

>体調崩さないように頑張ってください。私も頑張ります~
ありがとうございます。
お互いステキな先生に出会えたことに感謝して、楽しくピアノを続けましょうね♪
くれぐれも辛くならないようにね^_^
いつもありがとう♪

小夏 | URL | 2006/09/29 (金) 00:18

★こむぎさま
こんばんは♪いつもありがとう。

>お仕事などもあってお忙しいでしょうに、本当によく頑張っていらっしゃいますね。
すごいな~と感心してしまいます♪
ありがとうございます。
仕事で疲れてピアノを弾けない日もあるけれど、ピアノがあるから仕事もがんばれるのだと思います。

>指使い。。間違えて恥ずかしいなんて、そんなことないですよ~。
間違えたのは音なんです(笑)。左手の五線の中のファとレを読み違えていたのに全く気がつきませんでした。先生は「線上の音は、線の間の音より間違えやすいんですよ。」とフォローしてくださったのですが、特に難しくないところだっただけに、情けないです…。

>私が一番恥ずかしかったのは、レッスン中に大笑いし過ぎて、身体が勢いで前に傾いた時に、楽譜立て?におでこをぶつけてしまったことです。。
あは~っ!!想像してしまいました(笑)。ずいぶん傾いたのね~。
そういうことなら、私もいっぱいありますよ~。
前の子のレッスンが終わるのをソファで待っていて、自分の番になって立ち上がろうとしたら、お尻がず~んと沈んで立てなくなってしまったこともあります(笑)。

小夏 | URL | 2006/09/29 (金) 00:49

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。