スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson #12 *久しぶりの昼間のレッスン*

2006/05/30 (火)  カテゴリー/2006

昨日は久しぶりの平日休み。
昼間の渋滞がない道路は、走っていて気持ちがよかったです。

◆ハノン◆
→暗譜でスケール。
今日から抜き打ちです。
G-dur,e-moll,B-dur,g-moll,As-dur,f-moll,Ges-dur,es-moll,E-dur,cis-moll,
D-dur,h-moll(弾いた順)
短調の下降の左手が、探しながら弾いている感じ。特にeとh。
あとはB-dur。音はわかっているけれど、指づかいを間違えてしまい、
終わってみると指が足りなかったり余ったり…。
♭の調は、まだ自信なさげに弾いていると言われました。

◆イタリア協奏曲 第3楽章◆
曲についての簡単な解説はこちらをご覧ください。
今日も始めに暗譜で通して録音をしました。
tutti(3)とsolo(3)がこの曲の最大の難所なのですが、一度ひっかかったら頭が真っ白になって、完璧に止まってしまいました。
他の曲でもあることだけれど、バッハは特に、止まってしまったらそこから入れないです。
結局tutti(3)だけ楽譜を見て弾きました。

録音を聴きながら先生に解説していただきましたが、だんだん内容が細かく難しくなってきています。
のっぺりした演奏にならないように気をつけているのですが、まだまだ未熟で、tuttiが乱暴になり、soloが弱々しくという、両極端になってしまいます。
tuttiよりもsoloの音色に気を遣い、またさらに、その中でも出す音より引く音に気を遣うと、よい立体感が出るそうです。

そしてsoloの部分は、
『スポットライトの中で、ひとりで演奏する気分で弾いてくださいね
と言われました。

マツケンサンバでおなじみ、振付師の真島茂樹さんは、「みんな、見て~という気持ちで舞台で踊っていると言っていましたが、きっとそんな感じなのでしょうね。
ダンスを心底愛する気持ちが伝わってきます。

私も、「みんな聴いてネって言えるように、がんばって練習しよう。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

聴いている人に感動を与える演奏をするには、やはり自分自身で納得できる演奏ができないとダメなのでしょうね・・・うー耳が痛いです(笑

細かい指示が随所に入ってきた様子ですね!もうそろそろ仕上げの時期に入ってきたイタリア協奏曲、これからのレッスンレポートも楽しみにしていますね!

yu-ki | URL | 2006/05/31 (水) 20:45

yu-kiさん、こんばんは。
う~ん、今は色付けの段階かなぁ。仕上げはもう少し先になりそうです。
この曲は、知らない人も多いと思うので、演奏をupできればよいのだけれど、まだまだだわ~。

小夏 | URL | 2006/05/31 (水) 21:38

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。