スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姿勢を変えたら

2006/05/21 (日)  カテゴリー/練習のこと

実は今週ずっと不調で、明日のレッスンをめがけて坂を転がり落ちるようでした。
目と脳と手の動きが連動しなくて、日々進歩するどころか後退する一方。
比較的弾けていた部分も、ゆっくり弾いても弾けない。
弾けない→練習にも身が入らない→余計に弾けない
という悪循環で、昨日は中途半端で練習を切り上げてしまいました。

でも明日はレッスン。
気持ちも新たにピアノに向かったものの、集中力はいまひとつ。

でもそのときに、自分の姿勢の悪さに気付いたんです。
楽譜と鍵盤にくぎ付けになるばかりに、ピアノとの距離が近すぎて、姿勢も前かがみ。
肩にも力が入って上がっていました。

以前先生に、
『深く腰掛けると、重心が後ろにいってしまい姿勢が悪くなる。』
とアドバイスされたことを思い出し、いすを引いて浅めに腰掛けました。
それで、全体的に今までよりかなりゆっくりめに弾いてみると、
視野が広くなったせいか、不思議と気持ちに余裕ができました。
ゆっくりでも、終始一定のテンポで通して弾けたのは今日が初めてです。ほっ…。

久しぶりに、気持ちよく練習が終われました。
明日のレッスンも、この調子でできればいいのですが…。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

自分の弾いている姿って興味あります。見たことないですから。
もしかしたら変なまま気付いていないのかもしれない。
よく考えると
ほんと誰にも教わってないというか実際に聴いてもらったことないのです。
見て聴いてほしいです。

・ω・ただし | URL | 2006/05/22 (月) 13:03 [編集]

ただしさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
いすの高さや位置や座り方で、こんなにも演奏が左右されるのだと、改めて感じた出来事でした。
弾いている姿をビデオ等で撮影して、自分で見てみるのもよいかも知れませんね。
私は、右の5の指がくるっと縮んでしまうクセがあるので、携帯電話をピアノの端に置いて、手元を動画撮影して確認しています。

小夏 | URL | 2006/05/22 (月) 20:47

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。