スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson#10 *あと3か月*

2008/07/02 (水)  カテゴリー/2008

5年目のレッスンも、あっという間に10回目です。
今回は6月30日(月)。休日出勤の振替休のため、朝の9時半から行ってきました。

先生のお宅に入ると、コーヒーの香り北海道のおみやげというチョコレートと一緒にいただきました。
いつものレッスンは仕事帰りで先生も私の後にレッスンがあり、なかなか先生とゆっくりお話できる時間がないので、こういう時間はとても貴重でありがたく思います。

その中で、レッスンをお休みされていた大人の方がお二人、復帰された(される)ことを聞きました。昨年の発表会から1年余り、大人の生徒で活動しているのは私一人でしたので、またお仲間が戻ってきてくれてうれしいですね。

さて、本題のレッスンです。
■ルーマニア民俗舞曲(暗譜)■
暗譜になったとたんに、間が取れなくなっている。(忘れないうちに弾ききってしまおうと、無意識のうちに終わりを目指しているのかもしれません。)
f(フォルテ)の音色はよくなったので、p(ピアノ)の音色を作るとf(フォルテ)が生きてくる。
不協和音はしっかりつかんで鳴らす。ばらけると間違えたように聞こえるので堂々と。
∧や∨(縦のアクセント)、sf(スフォルツァンド)は特に際立たせる。(まだまだ甘いようです。)

だいぶテンポが上がってきたのでということで、ペダルの見直しがありました。休符やスタッカートが感じられるように、踏みかえるタイミングがシビアになりました。

また、この曲は短い曲が6つ入った曲集なので、次の曲にすぐ入るか、十分に間を取って入るかなど、タイミングを練習しました。曲のつなぎ目って、難しいです。

■デュエット■
「メロディーの流れをみたいので、できる範囲でできるだけ速く弾いてみてください。」と言われたのですが、自分の限界を超えた速さであることに、弾き始めてすぐに気づいてしまいました。案の定途中から苦しくなって、テンポを落とすことに。

「メロディーの音はしっかり出ているので、それがフレーズのまとまりとして聞こえるように、あとはそれ以外の音(内声)をどれだけ控えられるかですね~。」

そう、そうなんですよ。それを涼しい顔でできるようになるには、まだまだ時間がかかりそうです。
でももうあと3か月しかありません。8月の終わりにはリハーサルですし…。こちらは、次回までにできるところまで暗譜が宿題です。

次回のレッスンは、7月15日(火)です。7月の声を聞いたら、急にお尻に火がつきました。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

小夏さん、こんにちわ。

ご無沙汰しております。
お元気そうで何よりです。

ピアノも頑張ってらっしゃいますね~。
2ヶ月も休んでしまった私とは正反対です・・・。

私も自分のレッスンの時にしか先生とゆっくり
お話が出来ないので、レッスン入れたいのですが、
譜読みが全く出来てないのでなかなか・・・。

本番まであと3ヶ月ですか!
小夏さんはしっかりと仕上げていけそうですね。
私もクリスマスコンサートがあるのに・・・。

応援してます~

yoko | URL | 2008/07/08 (火) 11:04

ご無沙汰してました(*^_^*)
暑くなりましたね~~まだまだコレからが夏本番と思うとバテてしまいそうですね。

小夏さんが目標としていらしたレッスン
バロック・古典・ロマン・近現代!!
出揃いましたね★(*^-゚)⌒☆Wink!

これからの練習過程のご様子!レッスン!
楽しみにしていますね~~☆

私はと言うと、以前の練習がウソのよう。
テンポが早く弾けなくてしょんぼりなんですよ。
テンポは出なくても丁寧に・・と思っていましたが、テンポ有ってこそその曲らしさと聴こえてくるものがあるようでね。。
ちょっとションボリ。
練習時間も減ってきています。

コレも試練かな~~と、少し気楽に考えてそのうち出来るだろうと思うことにしました。
ちょっと愚痴っぽくてごめんなさい(*ノωノ)

さくらいろ | URL | 2008/07/10 (木) 21:55

★yokoさま
こんばんは。お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません。

yokoさんは、曲に集中して気持ちも体も全力で取り組んでいらっしゃるので、クールダウンする期間がたくさん必要なんだと思いますよ。
譜読みもその期間にゆっくり進めて、徐々に活動再開というペースでよいのではないでしょうか。
えらそうにごめんなさい。

>小夏さんはしっかりと仕上げていけそうですね。

ありがとうございます。
でも、なかなかそうはいかなくて…。
1日の練習時間を考えると、全曲弾こうと思うと全部が中途半端になってしまうし、曲を決めて集中して練習しようと思うとその日まったく弾かない曲ができてしまったり、ペース配分が難しいです。

yokoさんは、今度はクリスマスコンサートなんですね。
先日の発表会にうかがうことができなかったので、予定が合えばぜひうかがいたいと思います。

小夏 | URL | 2008/07/10 (木) 22:22

★さくらいろさま
こんばんは。いつもメッセージをくださるのに、こちらからはなかなかお伺いできずに、本当に申し訳ありません。

本当に毎日暑いですよね。南の方は梅雨が明けたようですから、こちらのほうもそろそろかもしれませんね。

今回の発表会のレッスンも、だいぶ慣れてきたので、最近は、4曲の中でも重めのロマン・近現代をメインに、時間の様子でほかの曲をみていただくようなかたちで落ち着いてきました。

>テンポ有ってこそその曲らしさと聴こえてくるものがある

私も今、テンポが上がらないという悩みを目の前にしているので、さくらいろさんのおっしゃることが、よくわかります。
今まで弾けていたところが、テンポを上げることによって弾けなくなるのはつらいですよね。後退している気にさえなってしまう。

でも、昨日より今日、今日より明日、たとえメトロノームの目盛がひとつでも下がればいい。目標までの道のりが、ゆるやかでもよいと思います。

練習時間、私も減っています。昨日もまったくピアノに触れず、今日もロマン1曲のみを20分程度しか弾けませんでした。
時間を作ることはもちろん大切ですし、その努力はしているつもりですが、これは仕方のないことと思います。
私たちの本業はほかにあるのですから。

お互い、できる範囲で時間をやりくりして、楽しくピアノを続けましょうね♪

小夏 | URL | 2008/07/10 (木) 23:26

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。