スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一緒にバッハ弾きましょう!

2006/03/25 (土)  カテゴリー/バロック

ピアノを再開して2か月ほど経ったとき、先生から「バッハ弾いてみませんか?左手のよい練習になりますよ。」と言われました。
ピアノの上達のためならなんでもトライしてみたい私ですから、即答しました。
いずれインヴェンションをということだったのですが、その導入で始めたのが、
『バッハ ピアノ小品集(全音)』です。ちなみに定価は600円。
ほとんどが1ページ程度の曲で、難易度でいうと★です。
確かに始めのほうは、レ~ソラシドレ・ソ・ソのメヌエットなどの易しい曲ですが、後ろのほうへ進むと、フランス組曲やイギリス組曲の曲も入っていて、これで★?と思ってしまいます。全曲は弾きませんでしたが、参考までに、レッスンしていただいた曲をご紹介します。

◆1.メヌエット BWV Anh.114◆ト長調
→言わずと知れた『レ~ソラシドレ・ソ・ソ』のメヌエットです。

◆2.メヌエット BWV Anh.115◆ト短調
→1のメヌエットと関連性があって、本来は1→2→1と演奏されるそうです。

◆3.マーチ BWV Anh.122◆ニ長調
→トランペットを思わせる軽快な行進曲…と書いてありますが、私が弾くと…。

◆4.メヌエット BWV 822(Trio)◆ト長調
→優雅な感じの曲です。左手も主張してとよく言われました。

◆5・6.メヌエット BWV 822-1,2◆ト短調
→この二つのメヌエットは、上声部と下声部を八度の二重対位法によってそっくり交換したもの…と書いてありますが、要するに、5番の左右がまったく逆になったものが6番ということです。これで曲ができてしまうんですね~。

◆8.メヌエット BWV Anh.132◆ニ短調
→18小節の短い曲ですが、短九度の和音や十度の跳躍があったりします。

◆9.ミュゼット◆ト長調
→バグパイプをイメージする曲です。イギリス組曲第3番の中で、ガボットとして、次に出てくる12番のガボットに続けて演奏されるようです。

◆12.ガボット BWV 808◆ト短調(イギリス組曲 第3番の5曲目)
→ト短調の愛らしい旋律をもち…と書いてありますが、私にはどうしてもそうは思えませんでした。
右手と左手の完全な独立を要すると書いてある通り、両手になってからが難しく、1ページちょっとの曲でしたが、2か月もかかってしまいました。

◆14.ガボット BWV 816◆ト長調(フランス組曲 第5番の5曲目)
→ピアノを習ったことがない人でも、どこかで聴いたことがあるでしょう。前出のガボットよりこちらのほうが愛らしいと思います。
譜読みに時間はかかりませんでしたが、フレーズ感を出すのにとても苦労しました。

◆15.メヌエット BWV 813◆ハ短調(フランス組曲 第2番の5曲目)
→完全なレガートをもってこの曲の感傷的な情緒を表現しなければならない…と書いてあります。
右手が8小節分スラーでつながっている中で、2小節ずつのフレーズ感を出しながら、左手は1拍目で終わって2拍目から次のフレーズが始まるというのが本当に難しかったです。でも、こういうところが曲の中でいちばん美しいところなんですよね。

ここまで読んでくださった方、最後までおつきあいくださってありがとうございます。
大人の方は、バッハというと拒否反応を示す方が多いと聞きます。
そういう私も決して得意ではありません。
でも、ピアノが上手になりたいというだけで始めたバッハも、今では好きな作曲家のひとりです。

バッハはいや~ん…と思っている大人の方、やさしい曲から始めてみませんか?
この本だけでなく、プレインヴェンションなどやさしいバッハの本が出ています。
一緒にバッハ弾きましょう!
スポンサーサイト

この記事へのコメント

こんにちは。
私は子供のころ、バッハを弾くのははっきり言ってキライでした。子供の私にはその良さはわからなかったんだと思います。
ピアノを再開してまずやってみようと思ったのはショパンでもベートーヴェンでもなく、バッハでした。
やってみると、改めてその構造に驚かされるとともに、とても美しいものもあり、以前のイメージは払拭できたような気がします。
今練習しているのはインヴェンションですが、最終的にはフランス組曲やイタリア協奏曲をやってみたいと思っています。

musika-toto | URL | 2006/03/25 (土) 21:50

小夏さん、こんばんは~♪
私もバッハのインヴェンションやってましたよ^^
今はお休みしていますが、また発表会が終わったら再開したいと思っています。
私の場合、バッハを弾きこなして、自分の音楽にするのに非常に時間がかかります。
ですから、こんなに弾かれてきた小夏さんは、凄い!です。

なららさくらら | URL | 2006/03/25 (土) 22:39 [編集]

musika-totoさん、こんばんは。風邪の具合はいかがですか?
私も、フランス組曲やイギリス組曲、ゆくゆくはパルティータにも挑戦してみたいと思っています。
お互い、目標に向かってがんばりましょうね♪

小夏 | URL | 2006/03/25 (土) 23:48

なららさくららさん、こんばんは。
全然すごくなんかないんです~!短い曲ばかりですから…。
バッハは、この曲集をレッスンで弾くうちにだんだん魅せられていったのですが、『好きこそものの上手なれ』ではないんです。
もしいきなりインヴェンションだったら、嫌になっていたかもしれません。
バッハの曲って、いくつもの細かい部分から構成されているところが、パッチワークに似ている気がしませんか?

小夏 | URL | 2006/03/25 (土) 23:50

左手の練習は気になっていたところでした。

自分の場合、曲を詰めて詰めてやっていくタイプで基礎練習というのはやっていません(知りません)
おそらく左手の指の筋力は訓練されていないと思います。
ピアノ教室の現場で先生がおっしゃる言葉(情報)というのはすごく価値あるものです。
ありがたく頂戴して励みたいと思います。

・ω・ただし | URL | 2006/03/26 (日) 08:31

ただしさん、コメントありがとうございます。
いつも思うのですが、ただしさんをはじめ、独学でピアノ、特にクラシックを弾いている方は本当にすごいと思います。
モチベーションを保つのが大変でしょう。
ぜひ、バッハ弾いてみてくださいね。

小夏 | URL | 2006/03/27 (月) 00:49

うわーバッハ・・・っていうか、古典はすべて苦手な私です(笑

昨日もオフ会にインヴェンションとシンフォニアの楽譜を持ってこられた方がいて、「見たくない~!!!」と絶叫していたのは、私だけ?!(爆

古典を勉強しておくと、他の作曲家の曲を弾くときにもいい影響があると聞きます。
私もやらなきゃーだめかしら・・・(^^;
インヴェンション・・・難しいのよねー(^^;

yu-ki | URL | 2006/04/03 (月) 16:07

こんばんわ。
やっと繋がり、自分のところはさておき
こちらに参りました。
ネットは繋がらないし、日記も更新できずストレスがたまりました。
新しいPCという事もあり、使い勝手が違うのでまだまだ不慣れです。

今日はレッスンだったのですが舟歌はまだまだでした。
色々な設定の変更が済みましたら日記も更新しますので、その際はまた遊びにいらしてくださいね。

sakurairo | URL | 2006/04/05 (水) 22:30 [編集]

yu-kiさん、こんにちは。
お返事遅くなってすみません。
私も弾いているくらいですから、yu-kiさんなら問題なく弾けますよ!
…と言っても私は弾けているとは言えませんが…。

ぜひぜひ弾いてみてくださいね♪

小夏 | URL | 2006/04/08 (土) 18:25

sakurairoさん、お久しぶりです!
そういう私も久しぶりの更新です。
やはり…の人事異動で、blogの更新はおろか、PCもピアノも開けられない日々でした。

またよろしくお願いしますね♪

小夏 | URL | 2006/04/08 (土) 18:28

ブログにコメントありがとうございました!
バッハのインヴェンション、憧れです♪
先生にはまだ早いと言われているので我慢してますが(笑)
今気になってるのが、アンナ・マグダレーナのためのクラヴィーア小曲集っていうやつです。でも、シューマンもやってみたいし、ショパンのワルツでもやりたいのがあるし、本当にもぉ迷って迷って大変です。
今回のレッスン曲を決める時も迷いまくって、結局2曲共ギロックに(^^;
ギロックは好きなので良いのですが、次回はバッハやりたいなぁ~。メヌエット、かわいいですよね♪

バルトークのミクロコスモスのMIDIを見つけたんですが、凄い曲数ですね!後ろの方はとても難しそうっっ

雪 | URL | 2006/04/29 (土) 15:38 [編集]

雪さん、コメントありがとうございます。
『アンナ・マグダレーナのための…』は、このblogの中では、作品番号にAnhがついているものです。
ギロック、私も好きですよ。今度の発表会で叙情小曲集の中の『秋のスケッチ』を弾く方がいるのですが、素敵な曲なので、私も曲集を買ってしまいました。
新しい曲を決めるときって、ワクワクしますよね。私も、夏の発表会が終わっていないのに、もう来年何弾こうかなぁ…なんて考えてしまいます。
バルトーク、おもしろいでしょ!いい意味で変わってるというか…。ミクロコスモスは、今vol.2の50番まで弾きました。曲数は確かに多いですが、8小節くらいの短い曲もあります。vol.6の最後のほうは、変拍子のカッコイイ曲が揃っているので、あと3年くらいでたどり着ければいいなぁと思っています。
雪さんもチャンスがあったらぜひ弾いてみてくださいね。

小夏 | URL | 2006/05/02 (火) 18:53

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。