スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson#15 *はなうたまじり*

2007/07/24 (火)  カテゴリー/2007

レッスンは19日(木)でした。またまた更新が遅くなってしまいました。

■6つの変奏曲■
日によってテーマから進んだり、第6変奏から戻ったりするのですが、この日は最初から。

テーマの最後の音を弾くと、「ハイ、次~。」第1変奏が終わると「続けて~。」結果的には、通して弾きました。この曲にとりかかって初めてのことでした。
(そういえば、家でも通して弾いたことはなかったです。)

まずは、変奏ごとに細かくレッスンしていただき、その後に、それぞれの変奏の終わり数小節を弾いて、次の変奏に入るという形で、変奏間の間の取り方をレッスンしていただきました。

あなどれないのはテーマ。(今日はこれをメインに書きます。)
小さな子どもでも弾けるくらい(実際、私も子どものころに弾きました)、メロディーも伴奏もシンプルなのですが、(ここにいらしてくださるみなさんも、初見で弾けます。)前にも書きましたが原曲は歌曲なので、表現という点では後に続く変奏曲に比べると難しいです。
ピアノという、音を発した瞬間から減衰して消えていく楽器で歌をうたうというのは、センスのない私にとっては至難の業です…

そこで出てきたのは、タイトルにもあります『はなうた』です。
「ハミングでも何でもよいので、メロディーをうたいながら弾いてみてください。」
と、先生に言われるがままやってみましたが、結構気持ちがよいのです
そのおかげか、今まで突っ込んでしまって
「ここは少し待って。」と言われたり、逆に「そこまでしなくても…。」と言われていたところが、
とても自然だったとのことです。
やはり、呼吸は大事なのですね。

ただ問題は、『はなうた』なしでそれができるのかということ。
歌がメインではありませんので…ね。

あと、どの変奏にも共通しているのは、中間にあるクレッシェンド→フェルマータのパターン。
テンポ通り弾いてきて、フェルマータの音だけ突然長くするのは不自然なので、クレッシェンドともにリタルダンドをかけるとよいでしょう、とのことでした。
そのときのイメージとしては、歌い手さんが朗々と歌い上げる感じで
とてもわかりやすいのですが、いざ弾いてみると、聞こえてくるのは機械的に鳴っている『音』ばかり。
この『音』が『歌』に近づくよう、がんばってみます。

次回のレッスンは、7月30日(月)です。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

こんばんは!

小夏さん、こんばんは!
レッスン、お疲れさまでした...vv

6つの変奏曲...どんどん進んでいらっしゃいますネ...。
「はなうた」を歌いながら、ピアノを弾く。
私は、やった事なかったのですが、
先生はいつも大きな声で横で歌ってらっしゃってるのですけれど、ちょっと似ているのかしら?
今月始めたバッハのインヴェンションなんかで、活かせそうな気がします...。
音符を追う事に必死になって、フレーズがなかなか聞こえてこないんで(特に左手...)、例えば左手を歌ってみるとか...、早速明日チャレンジしてみたいです。

次回のレッスン、私も30日です!
土用の丑の日ですネ...うなぎの日...^^

クリームパンナちゃん | URL | 2007/07/25 (水) 22:01

自然なブレス

★クリームパンナちゃんさま
こんばんは!いつもありがとうございます。
今回のレッスンで、間は作るものではなくて、本来は自然に生まれるものなのだなぁ…と感じました。

インヴェンションで…。
私は試してみたことがないのですが、どんな感じなのでしょう?
試してみたら、感想を聞かせてください!

クリームパンナちゃんさんの先生も、横で歌われるのですね^^
私の先生も曲によってはそうなのですが、いつも私がひっかかって止めてしまいます^^;

>次回のレッスン、私も30日です!
>土用の丑の日ですネ...うなぎの日...^^

そうなのですね!同じ日にレッスンとは、心強いです!
夕飯は、うなぎにしましょうか~!

小夏 | URL | 2007/07/25 (水) 23:50

歌いながら

こんばんは!

私も今シューベルトを弾いているんですが
どうしてもメロディーの歌い方が自分で納得できなくて
「そうだ!シューベルトは歌曲の王って言われるくらいだし、実際に歌ってみよう♪」
と声で歌ったら、どう弾きたいのか?が見えてきました。

意外なところで声楽をやっていたのが役に立って嬉しいです(笑)
(今は声楽のレッスンはオヤスミしてるのですけど)

高菜 | URL | 2007/07/26 (木) 01:13 [編集]

変奏曲仲間(笑

小夏さんも変奏曲でしたね!お仲間に加えてやってください(私の新曲、即興曲とはいえ、中身は変奏曲なもんで・・・笑)

私の先生もずっとテーマを歌いながら横にいらっしゃいますよ!ついつい美声を聞いちゃって・・・演奏がズタボロに・・・(笑

私も練習中に歌っているときあります。
そしたら上の娘が・・・「おかーさん、ピアノ弾きながら歌ったらアカンやん!(爆」って怒るんですよ~。(笑
「いいねんってば♪」って言いながら、母は一人暴走しています(爆
歌うととっても気持ちがいいですよね~^^ブレスの位置も自然にわかるような気がします!

yu-ki | URL | 2007/07/27 (金) 18:54

小夏さん、おはようございます~

そうなんですよね~
歌いながら・・・これは大切な気がします。
実際に声に出してはなうたも気持ち良さそうですね♪

ちなみに子供達もまず歌う・・・事から入ります。
歌うとブレスも良く分かりますしね~

「自分で歌えない曲は弾けない」ともいいますしね。。。

発表会までもうすぐですね!!
応援しています~♪

yoko | URL | 2007/07/28 (土) 08:28

小夏さん、おはようございます!

”歌いながら弾く”。。
私の場合はトリルが上手く入らない時に、先生が「歌いながらトリルを弾いてみてください」と。。
やってみたところ、(まだミスはしますが^^;)だいぶ自然に入れられることが増えてきました。
歌ってみることは、とても大事なんですね^^

こむぎ | URL | 2007/07/28 (土) 08:35 [編集]

シューベルト~

★高菜さま
こんばんは!
お返事か遅くなってしまってごめんなさい。

高菜さん、今度はシューベルトなんですね~。ステキ☆゛
シューベルトは、長いし難しいし、私には縁がないと思っていましたが、ここでお友だちに勧められたことで、ちょっとブームが来ています。(←すぐその気になる)

>「そうだ!シューベルトは歌曲の王って言われるくらいだし、実際に歌ってみよう♪」

このことにご自分で気付かれるのですから、さすが声楽を勉強された高菜さんです!
今度お歌も聴かせてはいただけないでしょうか?

小夏 | URL | 2007/07/28 (土) 23:39

変奏曲

★yu-kiさま
こんばんは!お返事が遅くなってしまってごめんなさい。

yu-kiさんも変奏曲なんですね~。(なかなかうかがえなくてごめんなさい。)

テーマあっての変奏曲ですから、やはりテーマは大事ですよね。
私の先生も横で歌うことがありますが、私はその美声に耳を傾ける余裕がまだありません…。
先生の歌と同化するくらいに歌えたらなぁ~と、いつも思います。

小夏 | URL | 2007/07/28 (土) 23:49

ブレス

★yokoさま
こんばんは~♪
いつもありがとうございます。

子どものころのレッスンでは、歌うことが苦痛で…というか、恥ずかしくて、ぼそぼそ歌っていたような記憶があります。
当時は、ただメロディーをなぞっているだけで、ブレスのことなんて考えていなかったのだな~、と思います。

>「自分で歌えない曲は弾けない」ともいいますしね。。。

そうですね~。私も実感しています。
臨時記号がついたりとれたりする、規則性のないメロディーのときなどは、歌っては弾きを繰り返して、頭と指にたたき込んでしまいます。

>発表会までもうすぐですね!!
>応援しています~♪

ありがとうございます!
本番まで1か月を切っているというのに、まだ暗譜ができていません…。

小夏 | URL | 2007/07/29 (日) 00:50

歌いながらトリル

★こむぎさま
こんばんは^^
いつもありがとうございます。

トリルを歌いながら弾くって、難しそうですね…。

私はインヴェンションのややこしい装飾のときに、歌って確認してから弾くことはありますが、なかなかうまく入らないので、歌いながら弾くことも試してみようと思います。

貴重なご経験談、ありがとうございます!

小夏 | URL | 2007/07/29 (日) 00:52

 どうもこんばんは。はじめまして。ちょっと掲示板の書き込みの流れを読むと

 間違いなのかもしれませんが、つながっていきたいと思い勇気を持って書き込みしました。よろしくお願いします。

 突然ですが、僕はつたないブログを運営しておりまして、ぜひ相互リンクしていただけませんか?

 ピアノを始めた年齢も19歳と11ヶ月です(笑)クラシックは決して悪くありません。誤解を招いてしまうと哀しいので、トップページに僕の思いを書きました。読んでくださるとうれしいです。

 ハノン・ツェルニー・ブルクミュラーの3つは、特にハノンについて今研究しているところです。

 ブログタイトルは

 【バイエル】を辞めよう!ピアノコードのすすめ!

 アドレスは
 http://blog.livedoor.jp/sassan0427/

 でよろしくお願いいたします。僕のブログで先にリンクしましたので、ご確認ください!トップページより左下です。

 クラシックもジャズもポップスも超えた音楽つながりを目指していきたいと思っています。どうかよろしくお願いいたします。

さっさん | URL | 2007/07/29 (日) 02:51 [編集]

ようこそお越しくださいました

★さっさんさま
はじめまして。
ご訪問ありがとうございます。

身近にギターを弾く方がいましたので、コードには以前から興味がありました。
メロディーとコードだけでサラッと曲が弾けたらステキですね!憧れます。

先ほどさっさんさまのサイトにうかがいましたが、興味深い記事がたくさんありました。
時間をかけてゆっくり読ませていただきますね。
こちらからもリンクさせていただきます。

小夏 | URL | 2007/07/31 (火) 01:32

相互リンク許可ありがとうございました。

 >小夏さんへ

 相互リンク許可ありがとうございました。
http://blog.livedoor.jp/sassan0427/
 ぜひご確認くださると嬉しいです。

 僕は「歌」「ピアノ」「リズム」「連弾」が上達のキーワードだと思っています。

さっさん | URL | 2007/07/31 (火) 05:22 [編集]

そっか~

歌いながら弾くとつかみやすいんですね!
ピアノで歌うって頭でわかってても実際に弾くと
とっても難しいです。
私もチャイコフスキーがすごく弾きにくいので
明日はメロディーを歌いながら弾いてみます!
私の先生も、私が弾いてる間中ずっと歌ってらっしゃいます。
でも私のピアノがつっかえるたびにせっかくの歌も中断なので
なんかちょっと申し訳ないような気になっちゃうんですよー^^

nanako | URL | 2007/07/31 (火) 22:25

★さっさんさま
こんばんは。
リンクの件、ありがとうございます。
先ほどちょっとお伺いしてきましたよ。

小夏 | URL | 2007/07/31 (火) 23:58

歌いながら弾く

★nanakoさま
こんばんは。

歌いながら弾くことでいちばん効果が出るのは、フレーズ感やブレスが自然にできることかなぁと、自分では感じています。

nanakoさんの先生も、横で歌っていらっしゃるのですね^^
私も、先生の歌を止めてしまうことはよくありますよ(笑)。

小夏 | URL | 2007/08/01 (水) 00:07

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。