スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson#38 *お願い、言うことを聴いて*

2007/01/29 (月)  カテゴリー/2006

20070130005302
言うことを聴かないのは、私の指たち。
今日も、スネたり飛び出したり大変でした(^_^;

■ツェルニー30番■
◆10番
1拍目はしっかり入り、16分音符4つのかたまりが、片手で弾いているようになめらかに。
3つ目が右の1指がのとき、上から落ちているので、アクセントがついてしまう。4つ目の音は抜く。

9小節目からの4小節間は、左手は上下の動きで、右手は這うように。

最後の4小節間は、音が離れたクレッシェンドだが、フレーズの作り方は最初と同じ。

以上のことに気をつけて、テンポを上げて、次回で終わりにしましょう。
(前回もそんな気が…。)

◆11番
上昇スケールの最後の8分音符が短く間が詰まってしまうので、テンポをしっかり守って。
(メトロノームに合わせると、すでに2小節目からずれている…。)

自宅でも、メトロノームの力を借りて練習してみて。
(普段は、メトロノームは最初にテンポを確認するくらいにして、あとは自分の耳で保てるようにとおっしゃるのですが、今日はよほどヒドいのか…。)

一度ゆっくりに戻って(8分音符=88)からテンポアップして(8分音符=120)、次回で終わりにしましょう…。
(できるかなぁ…。)
■間奏曲 Op.118-2■
昨日、かなり弾いたのですが…

◆もっと間があってよい。間の前のルバートも、もう少しあってもよい。

◆符点のリズムでクレッシェンドをかけるときは、拍の頭の音で考える。1音1音かけるとべたっとする。

◆テンポを揺らして進ませたら、フレーズの終わりでは必ず戻して収める。

◆長いクレッシェンドを山登りに例えると…、一度登り始めたら、振り向かずにどんどん登る。和音でない音がやせてしまわないように。
(目からウロコ!!まさにそんな場面。すごくイメージしやすくなりました。)

◆余分な手の動きが見られる箇所がある。拍頭は手をしっかり落として、弱拍は抜く。1音1音上げたり下げたりしない。
◆2ページ目のリピートの中がカラッとしているので、しっとりとした音で。この曲は、ブラームスの晩年の曲なので、そのことを頭にいつもおいて。

◆3ページ目のuna corda…しっかりタッチして和音の上の音をよく響かせて。
最後の5つの和音は、真ん中の音の移り変わりを意識して弾く。
(気をつけて弾くと、その音が浮き出て聞こえるから不思議です。)



◆Tempo Iの5小節目…正直に弾かずに、まったりと入って徐々にテンポを整える。

◆小節線をまたいだフレーズは、3拍子に関係なく、スラーのくくりで考えて。
(1234~123~12~12~12345~と先生が言ってくださると、と~っても弾きやすい。自分で感じられるようにならないと!!)

少しずつ暗譜を始めて、次回はできたところまで暗譜で弾くことになりました。
■連弾のための6つの小品より ワルツ■
今日も先生にプリモを弾いていただいたのですが、申し訳ないくらいに弾けませんでした。
ひとりで難なく弾けるところでも、合わせるとなぜか弾けなくなってしまいます。悲しいやら悔しいやら…。
次回はK子さんと一緒のレッスンなのに、こんな伴奏じゃ気持ちよく歌ってもらえない…。
やはり弾き込む以外にないのでしょうね。

レッスン室に、夏の合同発表会のチラシが貼ってありました。
「そろそろ曲を決めましょうね~。」
とおっしゃる先生に、子犬のワルツのことをお話したら、
先生「いいですね…でも速いですよぉ。」
(ちょっと心配げ…ムリかなぁ?)
先生「でも譜読みは楽だし…うん、できますよ。やりましょう!!」
(徐々に先生のテンション↑)
先生「みんなをあっと言わせちゃいましょうね!!」
(そ、それは…。)
先生「じゃあ譜読みしてきてください。」
小夏「わかりました。あと…」

実は昨日から、ショパンのマズルカ5番が急浮上してきたのです。
(間違いなくミントティーさんの影響♪)
そのことも付け加えたら、どちらも短いので、子犬の出来次第ではマズルカもやりましょうということになりました。

次回のレッスンは、2月5日(月)です。
次回から、レッスン再開4年目に入りますo(^-^)o
今日、新しい月謝袋をいただいてきました♪
スポンサーサイト

この記事へのコメント

いよいよショパンですね

小夏さん、こんにちは。
着々と練習されていますね~♪

ブラームスの間奏曲は難しそうですね。
私もブラームスOp117-2 とOp119-1の間奏曲を候補にあげていたんです。小夏さんは一足先にブラームスをされているので、気になって読ませていただいてます(笑)。

ショパンもされるんですね~。私は以前ピアノをやっていた時に子犬のワルツとマズルカOp7-1は弾いていましたよ。
そうそう、私も2月からショパンのマズルカを練習するんです。お互い頑張りましょう♪
今度は小夏さんのマズルカのレッスン記録も気になります(笑)。

musika-toto | URL | 2007/02/01 (木) 23:49

おはようございます。
次回のレッスンで4年なんですね。
この4年は凝縮されさぞ充実していたのでは?
またこれからも楽しいピアノの時間が続きますね(*^_^*)

このところバタバタしていたので、お邪魔できず数日分まとめて読ませていただきました。
子犬のワルツ、別れの曲・・共感しつつ読ませていただきましたよ~
別れの曲は曲に入りすぎてしまうとあんまりにも素敵で難しさとか考えなくなってしまう部分があります。
私もいつか弾きたいなって思いますが、楽譜を見るとこんなにも難しいのかと愕然としますね。

インヴェンション10番はやっと仕上げの段階に入りました。
いつもそうだけど、弾けるようになるのか・・と思い悩んだ分、弾けるようになったときの喜びは大きく練習するのが楽しい事。
つい時間を忘れてしまいがちですね。

今日は風が強く特に寒い一日ですが、良い一日をお過ごしくださいねo(*^▽^*)o~♪

sakurairo | URL | 2007/02/02 (金) 09:42

★musika-totoさま
こんばんは☆
ブラームスの間奏曲は、弾けば弾くほど難しさが湧き出てくる曲ですね。
今日も30分ほど弾きましたが、なかなか思ったように指が動いてくれません。

子犬のワルツもマズルカ7-1も弾かれたのですね!!心強いです。
マズルカは子犬のワルツの出来次第なので、もう少し先になると思いますが、いろいろ教えてくださいね(^人^)

小夏 | URL | 2007/02/02 (金) 21:31

★sakurairoさま
こんばんは♪
あっという間に3年たってしまいました。
(ここで丸3年、来月から4年目なんです。わかりにくくてごめんなさいね。)
本当に充実・凝縮できた時間でした。
でもまだ3年、子どもの頃の半分だという気持ちもあります。
あと3年、子どもの頃のピアノ歴と並んだとき、どんな曲を弾いているか楽しみです。

別れの曲…私も楽譜をみて愕然としたひとりです。
お互いに、いつか弾けたらいいですね。
インヴェンション10番、今日も練習の最初と最後に弾きました。
やはり楽しいです!!

小夏 | URL | 2007/02/02 (金) 21:58

小夏さん、こんばんわ~

レッスン日記楽しく読ませていただきました。
毎回とっても詳しく覚えてらして尊敬です。

曲決めの時の先生とのやりとり。。
何だか本当に私の先生とそっくりです♪
ホノボノしてる感じがいいですね~。

マズルカ。。嬉しいです。
私の影響なんて言っていただいて。。。
小夏さんなら確実に2曲いけると思います。
マズルカは譜読みも楽ですよ~♪
きゃっ。楽しみにしています☆

ミントティー | URL | 2007/02/02 (金) 22:08

★ミントティーさま
こんばんは♪♪♪
ミントティーさんの先生と私の先生って、本当に似ているんですね!!
一度お会いしてみたいくらいです(笑)。
子犬とマズルカ両方なんて、爆弾発言をしてしまいました。
(ブラームスのほうが爆弾か…。)

ミントティーさんのマズルカが、本当に印象に残っているんですよ♪

夏の発表会のプログラムに両方載せられるように、がんばります!!
その前にブラームスだ…。

小夏 | URL | 2007/02/02 (金) 22:40

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。