スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson#01 *5年目レッスンスタート*

2008/02/24 (日)  カテゴリー/2008

2月12日(火)のレッスン記録です。

前回の続きで、発表会のお話から…。

先生からお借りしていた楽譜たちを、レッスンバッグからごっそり出すと…。

先「どうでしたか?●●●ー●(近現代の作曲家)。…あまりピンとこなかったですか?」
小「いえ、ピンときたので楽譜買っちゃいました!」(ど~んとお見せする。)
先「あら!じゃあこれにしましょうよ。これなら他の人とかぶることもないし。弾いてみましたか?」
小「はい、ちょっとだけ…。」
先「じゃあちょっと弾いてみましょう。」

と、途切れ途切れ、難しいところは両手をばらして先生に助けていただきながら、とりあえず最後まで弾いてみる。

先「やっぱり小夏さんに合ってるわ~。決定ね。」

と言いながら、表に曲名を書き込んでいました。
(先生も、縦に生徒の名前、横に時代を書き込んで、私と同じような表を作っていらっしゃいました。)

続いてロマン派の曲。
こちらはすでに譜読みを始めているので、まずは最初からゆっくり弾いてみます。
右手の4・5を残すことが多い曲なので、きちんと残っているか、先生がそばでじ~っと見つめています。
そして、早く離れてしまっている音には『→』(訳:ちゃんと押さえててね~^^)と書かれます。

あれ~、自分では押さえているつもりが離れているんだ…言われて気づく。

この曲は、休みなく常に流れているのでつい先が気になってしまい、今弾いた音を、自分の中で無意識のうちに置き去りにしてしまっているのかもしれません。

今度は、『→』の音に意識を集中して弾いてみると、耳に入ってくる音の厚みが以前と違う…。
ここで、指が早く離れてしまっていることにやっと自分の耳で気づきます。

こんな感じで進んでいき、あっという間に終わりの時間に。

先「ごめんなさいね。ほかのができなくて…。」
小「いいえ~…(楽しかったです^^)。」

まだバロックと古典の曲が決まっていないので、そのことを考えると、もしかしたら普段のレッスンメニューはしばらく冬眠かもしれません。
でも、インヴェンションは次に暗譜で弾ければ卒業なので、区切りをつけておきたいです。

発表会の曲は、決してもったいぶっているのではないのですが、ごめんなさい。
やはり全曲決まってからお知らせさせていただきます。

次回のレッスンは、2月26日(火)です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。