スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson#24 *年内に…*

2007/11/15 (木)  カテゴリー/2007

レッスンは12日(月)、休日出勤の振り替えで休みだったので、午前中にお願いしました。
前回お約束するときに、私は10時くらいと考えていたのですが、先生の「9時でも9時半でもいいですよ~。そのほうが一日有効に使えるでしょう。」というお言葉に甘え、9時半からのレッスンです。
ありがたいです。

窓から自然の光が入ってくるレッスン室は、自然と気持ちが穏やかになりますね。

■インヴェンション No.12■
初レッスン。相変わらず、初回は左右別々に先生と合わせる。
その後、主旋律・対旋律等構成の色づけと指づかいの確認。
旋律は、前に弾いた11番よりもす~っと耳に入りやすいのですが、構成は11番よりなんだか複雑にできているようです。
目標は、年内卒業です。

■ツェルニー30番 No.13,14■
◆No.13
最後の8小節のみ残っていましたが、なんとか合格。
先にインヴェンションで指を動かしておいてよかったです。(実は戦略^^;)

◆No.14
こちらはテンポアップを。
それから、15~20小節の調の変化を感じて弾くこと。

■ピアノ・ソナタ「月光」■
◆第一楽章
暗譜第1回目でしたが、痛恨のブレーキが6か所も…。そのうち2か所は完全に止まってしまい、○の中に『あ』と書かれた暗譜マークが、楽譜に散りばめられました。次回までに克服です。
先「でも、暗譜の練習をたくさんされたから、音色に集中できるようになりましたね。前進してますよ。」

◆第二楽章
ペダルに終始しました。邪魔にならずに効果的に入れるのは、本当に難しいです。
文章にできないので、書きませ~ん。
行数は少ないですが、この第二楽章のレッスンがいちばん濃かったです。

◆第三楽章
前々回・前回と14小節で足踏みしてしまったので、なんとかそれなりに区切りのよいところまで…と、43小節の最初まで持って行きました。
やはりネックは9~13小節目。内声同士の縦のハーモニーをよく聴いて感じること。
そしてその中の一部分、写真の10小節目…
ベース音は残して縦のハーモニーを聴いて
前回のレッスンで言われた、左手のベース音は残せるようになったのですが、必死に手を広げているので上の八分音符がなめらかに弾けません。
特にカッコが付いたG#の音が突出しているとのこと。
いちばん遠くのAを弾いたあと、伸びたゴムが縮んだかのように手が楽になり、しかも黒鍵なので弾きやすく、自然と出てしまいます。ここは前のAの音が頂点になるように。
30小節からのトリルは、テンポが上がってから細かくするので、今は無理してたくさん入れなくてよいとのことでした。

あとは、今後の譜読みのために…と、先の部分を要所要所解説していただいて、終了となりました。

第三楽章はについては、あまりの先の見えなさに、どう目標を立てたらよいのか、見当もつかないとお伝えしました。すると、
「年内に譜読みを終わらせるようにしてみたらどうですか?」と先生。
今年も残すところあと1か月半。残り8ページ、読めるかどうか自信がありませんが、まずはそれを目標にペース配分をしようと思います。

次回のレッスンは、11月26日(月)です。寒そう…。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。