スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習会レポート

2007/11/12 (月)  カテゴリー/練習会のこと

先日練習会を開催しました。
みなさんすでに記事をupされている中、幹事の私がいちばん遅くて申し訳ありません…

メンバーは、ruvhanaさん・yokoさん・dyneさん・ただしさん・小夏、そして、yokoさんのお子さんのかわいいピアニスト、子ミントちゃんとちびミントくんです。
こむぎさんも参加の予定でしたが、残念ながら今回は参加できませんでした。次回はご一緒できますように!

手元をじっと見つめたり、目を閉じて聴いたり、背後から楽譜をのぞいたり…ステキなピアノで、みなさんのステキな演奏を楽しませていただきました。

■ruvhanaさん■
◆ソナチネOp.36-3 第1楽章(クレメンティ)…こういった曲を、大人になった今でもさらりと弾けてしまうところがさすが、ruvhanaさんですね。
◇波を渡るパオラの聖フランシス(リスト)…また泣かされてしまいました。この曲のruvhanaさんの演奏を聴くと、必ず同じところでじわ~っと涙が出てしまいます。

■yokoさん■
◇ノクターン嬰ハ短調遺作(ショパン)…yokoさん、いつの間に!こんなステキなレパートリーがあったなんて。音をひとつずつ置くように大事に弾いていらっしゃるのがとても印象的でした。まねしたいです。
◆ピアノ・ソナタ「悲愴」第1楽章(ベートーヴェン)…これだけの大曲を仕上げるだけでも並大抵のことでないと思いますが、それをお引越しなどでお忙しい中、しっかり維持していらっしゃいました。

■dyneさん■
◆アヴェマリア(グノー)…天使が舞い降りてきそうな、なんと優しい音色。目を閉じて聴き入ってしまいました。
◇ヴェニスの舟歌Op.30-6(メンデルスゾーン)…す~っと一本通っていて、乱れのない長いトリル。とても心地よかったです。みなさんこのトリルを絶賛されていました。
おみやげをいただき、ありがとうございます。

■ただしさん■
◇戦場のメリークリスマス(坂本龍一)…『ザザザッ』という和音のところ、何度聴いても鳥肌です。
◆もらい泣き(一青窈)…新曲ということですが、ほぼ完成ではないですか。逸品です。加羽沢美濃さんのステキな編曲。

■子ミントちゃん■
◆ソナチネ ト長調(ベートーヴェン)…姿勢・手の形・音色…すべてとても美しくて感心してしまいました。ちなみにこの曲…私は高学年になってやっと取り組みました。

■ちびミントくん■
◆あやつり人形(作曲者不明…yokoさ~ん!)…こんな小さな子が暗譜ですよ、暗譜!これから先が楽しみです。

ふたりとも、はじめはちょっと恥ずかしそうでしたが、ピアノの前に座ると、キリッと表情がしまって凛々しかったです。

■小夏■
◆インヴェンション11番(バッハ)…レッスンでの卒業記念に弾きました。
◆月光第1・第2楽章(ベートーヴェン)…練習会という名をいいことに、本当に練習させていただきました。
◆六つの変奏曲(ベートーヴェン)…直近の発表会で弾いたとは思えない出来。でも、このピアノでこの曲を弾くのは気持ちがよいです。
◇間奏曲Op.118-2(ブラームス)…丁寧さに欠ける演奏になってしまいました。もっと大事に弾かないと…。

◇の曲は、録音しました。
ただしさんがご自身のblogにupしてくださっています。

二次会は、こむぎさんが探してくださったお店に行ってきました。
こむぎさん、ありがとうございます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。