スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リサイタルに行ってきます

2007/10/15 (月)  カテゴリー/ピアノ

明日は、八王子市芸術文化会館いちょうホールにて開催される、パーヴェル・ネルセシアン氏のリサイタルに行ってきます。
先生に勧められて、今年で4回目。
毎回、ひとことでは言い表せないほど深い感銘を受けて帰ってきます

今年は平日の夜なので、休日開催の昨年のように『行きはのんびり、帰りはまったり余韻にひたって…』といかないのは残念ですが、たっぷり堪能したいと思います。

kikimaiさんもし読んでくださっていたら…
昨年の記事にメッセージをくださったときに、次回の情報が入ったらお知らせしますとお返事したにもかかわらず、そのままになってしまい、たいへん申し訳ありませんでした。
この場を借りて、お詫びいたします。kikimaiさんに、ステキな演奏が届くことを願っています。
スポンサーサイト

Lesson#22 *2曲だけ*

2007/10/15 (月)  カテゴリー/2007

■インヴェンション 11番■
暗譜1回目です。
途中、指づかいが怪しくてひっかかったところがありましたが、なんとか止まらずに最後まで弾くことができました。
ただ、間違えずに止まらないで弾くことを目標にしてしまったので(それでも間違えている…)、曲としての出来はいまひとつ。

◆16分音符は『かぶさるようなレガート』で。一粒一粒はっきりしていて元気があるので、横の流れを感じて。(前々回のレッスンで言われて頭に入っていたはずなのに、暗譜に気を取られてすっかり飛んでしまいました。)
◆フレーズの変わり目を意識して弾いているのはよいが、曲想から考えたら、鍵盤から手は離さずに気持ちで切り替える。
◆10小節目の3・4拍目…装飾が多く付いているので、無理にテンポの中に収めようとしないでかさばってよい。
◆20小節目の右手…左手に装飾が入るところで間隔が詰まるので、影響を受けないようにしっかりテンポを保って。

最後に楽譜を見てもう一度通して弾きました。
先「そうですね。う~~~ん…(先生お悩み中)…次回もう1回…」
小「…はい…。」
先「…聴かせてください。もっとよくなると思いますから。90点。」
(もちろん小夏レベルでです。念のため。)
小「ハイ。」

次回、気持ちよく合格したいです。

■ピアノ・ソナタ「月光」第一楽章■
今日で3回目です。
◆最初の3小節はイントロと考えて、抑揚をつけずに淡々と。音型が変わるところで力が入らないように。
◆4拍目でメロディーが始まるときは、前の拍で息を吸う。
◆1拍目がフレーズの終わりになるパターンは、ベース音も入って音が厚くなるので、常に収めることを意識する。
◆32小節からの右手…三連符の上昇下降のパターンは、高い音が張り詰めた音にならないようにまったり。
◆メロディーが二分音符の部分は、内声の三連符の音型が変わるごとに切れないように。気持ちのつながりを失わないでしっかり保つ。

先「テンポも安定してきたので、あとはやはり『右手のバランス』ですね~。音を探しながら弾いている部分は、どうしても声部の弾き分けがね…。」

先生のおっしゃるとおり。苦手な部分は『来るぞ~』と構えてしまい、『来た!それ~!』と、弾くことで精一杯なんです。
今日は、バランスの悪さが目立つ部分を、右手のメロディーだけ弾いて、それをよく聴いて次に内声と左手をつけて弾くということをしました。

先「(家では)それほど通し練習はしないでよいので、その精一杯の部分を抜き出して、それぞれの声部を役割を考えながら弾いてみてください。」
とのことでした。

次回のレッスンは、10月30日(火)です。

無事(?)帰りました

2007/10/08 (月)  カテゴリー/大阪への旅

帰り道、トラブルが重なりくたくたなってしまいましたが、なんとか家にたどり着くことができました。
明日からまた日常に戻ります。

不在中にメッセージをいただいた、クリームパンナちゃんさん・sakurairoさん、ありがとうございます。
お返事が遅くなってごめんなさい。
明日以降に書かせていただきますので、もうしばらくお待ちくださいね(^人^)

小夏@大阪

2007/10/06 (土)  カテゴリー/大阪への旅

おはようございます(^-^)/
昨日の夜から、大阪の妹の家に来ています。
8日までこちらにいるので、いただいたメッセージへのお返事が帰ってからになってしまうと思います。
申し訳ありませんが、しばらくおまちくださいね。
(こちらの記事のコメント欄は、OFFにしておきます。)

今朝は、妹の次男(4歳)に、まぶたをこじ開けられて目が覚めました(ρ_-)o

Lesson#21 *おなかいっぱい*

2007/10/04 (木)  カテゴリー/2007

運転免許の更新のあと、なかなかバスが来なくてヒヤヒヤしましたが、約束の時間2分前に到着できました。

「たまにはゆっくりしませんか?」と折りたたみテーブルを広げる先生。
京都のこんぺいとうをお茶菓子に(真ん中に玄米が入っていました)、かなりのんびりお茶をいただいてからレッスンが始まりました。

■インヴェンション No.11■
主旋律が左手に移ったときに、思い出したように徐々に浮き出てくるので、変わり目がはっきりわかるように。
装飾が付いた四分音符は、しっかり重みをかけてジャラーンと。
ジャラーン
左のページはよいので、右のページをもう少し弾き込んで。

先「小夏さんは、バッハは暗譜していましたっけ?」
小「はい。」
先「じゃあ、暗譜もしてきてください。」
ということで、次回は暗譜です。

■ツェルニー30番 No.13,14・・・■
◆No.13
パターンが変わるときの反応が遅いので、変わり目を抜き出してよく練習して。
最後の3小節、よく弾き込んで。

得手不得手は人それぞれですが、私はこの13番がきついです…。

◆No.14
右手に気を取られて左手の用意が遅れているので、弾いたら次の音を意識して。
途中、スケールがD-dur→A-durと変化するので注意して。

ひとりごと…
21小節目の右手をゆっくり弾くと、さとう宗幸氏の『青葉城恋歌』のイントロに聞こえる…。(たぶん30年位前の歌。ご存じない方ごめんなさい。)

先「小夏さんは、きっと13番がヤマですね~。」
小「私もそう思います~。でも、お友だちで15番という方もいらして…。」
先「(ぺらっとめくって)アルペジオですね。ちょっと弾いてみましょうか。」
ということで、おまけで15番。
和音のパートは先生に弾いていただき、私はアルペジオだけ弾きました。
始まった音に戻るパターンはよいのですが、ちょっと変則的になるとすぐに止まってしまいます。
先「ここ(21・22小節)はとてもステキだから、よく聴いて響きを感じてくださいね。」

■ピアノ・ソナタ「月光」第一楽章・・・■
だいぶ整ってきたが、右手3連符2指の音がまだ目立つときがあるので、コントロールをしっかり。
この曲は、前の小節の終わりからメロディーが始まっているので、その前にブレスをする。淡々と弾くが平坦にならないように。
32~37小節は、スラーの中はひと息で。でこぼこしないで一本の線のように。
3連符の中で上下に棒が付いている音は、なんとなく弾かずにこだわりを持って。
同じことの繰り返しの場合は前に進む。

先「次はみましたか?」
小「左右別々でゆっくりですが…。」
第二楽章です。
左右別々に先生と合わせましたが、自分の手で弾いていると思ったらうれしくなってきました。
途中、右手の内声と外声の動きが違うところが難しかったのですが、残すべき音がきちんと残せているので、よいとのことでした。
この第二楽章、前半の指の運びがバッハを弾いているように感じました。
次回は両手で合わせます。

先「次はどうですか…?」
小「(恐る恐る…)部分部分かいつまんで弾いてはみました。」
先「じゃあ、1ページくらい弾いてみましょうか。」
まさかの第三楽章です。
こちらも左右別々に区切りのよい14小節まで合わせていただきました。もちろんゆっくり。
でも、なんだかワクワクしましたよ。
こちらは難しいし長いので、ゆっくり進めていければと思います。

この日は本当に、おなかいっぱいになりました。

次回のレッスンは10月15日(月)です。

レッスンに行ってきました

2007/10/01 (月)  カテゴリー/小夏のこと

またごぶさたしてしまいました。
今日は、半日休暇を取って運転免許の更新に行き、その後、予定通りレッスンに行ってきました。
今日はたくさんの方がいらしてくださったのに、レッスン記録が書けなくて申し訳ありません。
また、みなさんのところにも、ここしばらくまったくと言っていいほどお伺いできなくて、重ね重ね申し訳ありません。
多少の悩みの種はありますが、元気ですのでご心配なく
記事の更新は、2~3日中にできればと思いますので、どうぞまたいらしてくださいね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。