スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson#20 *新しい気持ちで*

2007/09/18 (火)  カテゴリー/2007

行ってきました…と、まるでさっき帰ってきたような口ぶりですが、昨日は休日だったので午前中のレッスンでした。

■インヴェンション No.11■
この曲を始めたのは昨年の12月なのですが、その後発表会の曲がメインになり、飛び飛びになっていたので、6月に続き3回目のレッスンです。
インヴェンションは、弾く前に先生と一緒に主旋律・対旋律・カデンツを色分けしているのですが、この曲に関してはまっさらな楽譜のままだったので、迷いながら練習していました。その結果、演奏はのっぺりか不自然なでこぼこのどちらかで、メリハリがあるとは言えないものでしたが、今回、1回弾いたあとに色分けして、仕組みがうっすらわかってくると、断然弾きやすくなりました。

前の音とかぶさるくらいレガートに。
拍の長い音を強調して。
タイの付いている音に重みをかけて。

■ツェルニー30番 No.13■
今思えば、この曲も初レッスンでした。こういう左手の動きがすごく苦手で、家での練習も両手になるとなかなか進まずに手こずりました。ゆっくり何とか通して弾くことができましたが、6/8拍子の感じは出せず、ppからfまであるダイナミクスもなし。つまり弾くだけで精一杯です。

ダイナミクスをつけてテンポを上げる。
最後の4小節は特によく練習する。

■ピアノ・ソナタ「月光」第一楽章■
先「この曲は2/2拍子なので、それを意識して弾いてみてください。」
小「そうなんです。楽譜を見るまで4/4だと思っていました(私だけ?)。」
ということで、いきなり通し弾きでした。
曲のはじめに書かれている、sempre pp e senza sordino(=弱音ペダルを使わずに常にppで)
を意識しすぎたら、前半はタッチが弱すぎてスカスカになってしまいました
それでも、「しっかり読めているし、残す音もペダルに頼らずに指で残せているので、いいですよ。」と先生。

この曲はバランス(左手のベース音・右手の旋律と3連符)がとても大事なので、よく聴きましょう。
特に、右手3連符の2の指が強い。(←やはり…言われてしまった
先「小夏さんは、(いつも)右の2の指が強いのよね~。」
小「あ゛~はい…。」
先「2の指は黒鍵の場合が多いから出やすいけれど、その音だけが目立たないように、意識してみてください。」
小「はい。」

そして…
先「こういった音色を作っていく曲を弾いていると、指をたくさん動かすことがないので、何かバリバリ弾くことをしたほうがよいですね。」
小「…?」
先「今のツェルニーはまだそういう段階ではないし、バッハ(インヴェンション)も曲想が違うし…課題にはしないけれど、スケールの早弾きでも前に弾いた曲でもよいので、とにかく指をたくさん動かしてください。よいppの音を作るには強い指が必要ですからね

なるほど今までppといったらそっと押さえることしか考えていませんでしたが、指を強くすることによってコントロールができ、芯のある遠くまで飛ぶppが出るのですね。ppを弾くために指を強くするなんて、考えたことがありませんでした。練習メニュー追加です。

次回のレッスンは、10月1日(月)です。
スポンサーサイト

レッスンに行ってきます

2007/09/17 (月)  カテゴリー/小夏のこと

すっかりごぶさたしてしまいました。
留守の間遊びにいらしてくださっていたみなさん、申し訳ありません。

記事は更新していませんが、ピアノは細々と練習していました^^;
今日、4週間ぶりにレッスンに行ってきます。8月の発表会後、初めてのレッスンです。

◆両手で弾けるようになったものの、未だ6/8拍子になっていないツェルニー30番の13番
◆左右の弾き分けができていない、ただ弾いているだけのインヴェンション11番
◆ややこしくて、弾いているといつの間にか口が開いてしまうバルトークのミクロコスモス57番
◆こちらは初レッスン。ピアノ・ソナタ「月光」第一楽章

以上を持って、行ってまいります。

大人の発表会

2007/09/02 (日)  カテゴリー/大人の

遅まきながら、8月26日(日)の大人の合同発表会レポートです。
記憶の新しいうちにと思っていたのですが、思っていたよりエネルギーを使ってしまったようで、その後がなかなか充填されずに今日に至りました。
年々、自分に備わっているエネルギーが少なくなるに反比例して、ピアノに注ぐ割合は多くなっているような気がしています。

会場は、地元の楽器店の小さなホールです。

当日、1時間前から楽器店のレッスン室(音楽教室も併設されている)で練習させていただけることになっていたのですが、家の用事でなんだか間に合わず、リハーサルの時間にやっと間に合ったといった状況。リハーサルは教室ごとにおこなったのですが、私の教室はいちばん最後で、駆け込んで汗がひかない私はトリに…
1人当たりの割り当てが4分と聞いていたので、テーマと心配な部分を弾こうと思っていましたが、当日になって出演できない方が2人出てしまったので、幸運なことに通して弾かせていただけました。

さて本番。
この発表会は、演奏者もお客様と一緒に客席で聴くというスタイルなので、名前を呼ばれたら客席から舞台に上がります。ただ今までと違うのは、客席がテーブル席で、結婚披露宴のような感じです。(丸テーブルではなく四角ですが…。)
聴いている方が、全員が全員舞台のほうを向いてじーっと見つめているわけではないので、少し気が楽です。…が、私が取っておいた、ピアノにいちばん近いテーブルには先生がいらっしゃいました。

私の出番は第2部の3番目なので、第1部はゆっくり聴いて、休憩時間はゆったりティータイム。
昨年は、緊張のあまり食べ物がのどを通らなかったのですが、今年はなんと食べられました(笑)!
ケーキと飲み物をいただいて、お話をしながら過ごしました。

名前を呼ばれて舞台へ。
ここでも今までと違うことがひとつ。
今までは、演奏者のコメント(曲紹介・自己紹介・言い訳(笑)等なんでもよい)を事前に提出して、印刷したものがプログラムと一緒に配られていたのですが、今回は演奏前に自分で読むという形式でした。
私は、曲紹介と弾いてみての感想を述べました。以下私のコメント原文です。

「この曲は、パイジェッロのオペラ『水車屋の娘』の中のデュエット『うつろの心』の主題を元に、後にベートーヴェンが変奏曲をつけたものです。原曲が『歌』ですので、ピアノという、音を出したらすぐに消えてしまうという楽器で歌をうたうように弾くというのが、とても難しい曲でした。」

読んでいるにもかかわらず、緊張で言い回しがおかしいところもありましたが、すごく有名な曲というわけではないので、大まかながらもどんな曲かをお客さまに知っていただけたことは、よかったと思います。

さて、肝心の演奏ですが…。
本番は何が起こるかわからないですね~。
毎度のことですが、やはりピークはリハーサルでした。

皮1枚で何とかつながっている演奏です→

ミスタッチや弾き直しがあり、決して納得のいく演奏ではありませんでしたが、弾き終わったときはなんというか…不思議とさっぱりしました。
5月の発表会後の『炭のような静かな燃え尽き感』とはまた違った燃え尽き感です。
先生にも『待つところをきちんと待ててよかった。』とほめていただき、よかったです。

このホールは毎年苦手意識があったのですが、今回の発表会でひとつ壁を越えたような気がします。

応援してくださったみなさん、いつも本当にありがとうございます。
準備期間が短く不安でしたが、なんとか終えることができました。
これからも、細々とですがピアノを続けていきますので、どうぞよろしくお願いします。

最後になりましたが、お友だちからいただいたお花と、記念品をご紹介します。ありがとうございます。

かわいらしいミニブーケ ステキなアレンジメント 記念品のカップ&ソーサー。お皿の四隅には“♪”

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。