スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson#13 *たっぷり90分*

2007/07/11 (水)  カテゴリー/2007

最近、次のレッスンが迫るとレッスン記事を書いているような気がします。今日もしかり。

この日は、私の次の中学生がお休みだったので、私で最後。
「じっくりやりましょうね~。」ということになりました。

■ツェルニー30番■
◆12番
レッスンのときは、ミスをしないようにと思うと、家で練習しているときよりゆっくりになってしまいます。でも、だからといってミスがないわけではないので、だったら思い切って弾いたほうが気持ちよいのに…と、毎回自問自答しています。
でも、なんとか合格しました。
13番の譜読みを並行して始めていたのですが、「両手で通せるようになったら聴かせてください。」とのことでした。当分先…?

■6つの変奏曲■
テーマ・第1変奏・第2変奏はテンポに乗れてきたので、表情をつけることを中心に、第3変奏から第6変奏は、まだ音符を追いかけることで精一杯なので、部分部分抜き出してみていただきました。

全体的に言えることは…
◆休符をしっかり休むこと。
◆弱拍の音符にsfが付いているところは、躊躇しないでしっかり出す。
◆16部音符の連なったフレーズは、バタバタ弾かずにレガートに。
◆8分音符・4分音符についたスタカートは、それぞれ違いを感じて弾く。

自分の演奏にメリハリがなく、どこか『だらだらのっぺり』と、後ろに引っ張られているように聞こえるのは、これが原因なんだとよくわかりました。
このことに気をつけて1週間練習してきましたが、明日のレッスンでは軽快に前に進めるでしょうか…?そう、次のレッスンは明日(7月12日)なんです
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。