スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson#10 *発表会後・初レッスン*

2007/05/28 (月)  カテゴリー/2007

今月はお休みして、来月からにしようかな~と思っていたのですが、中途半端になっているインヴェンションやツェルニーを少しでも先に進めたいし、ベートーヴェンの6つの変奏曲もみていただきたい…。ということで、昨日先生にお電話して、今日レッスンに行ってきました。
仕事が休みで昼間に行けたので、先生も、私が発表会後の最初の生徒だったようです。

「さぁ、何からやりましょうか?」と先生。
「どうしましょう…?」と小夏。

結局、8月の発表会で弾くベートーヴェンから始めました。
■6つの変奏曲/ベートーヴェン■
◆テーマ…ペダルをつけて、両手で。
pの指示に気を遣いすぎて、ベース音がかすっている部分がある。ペダルは、美しいメロディーを生かす使い方を工夫して。スタカートや前打音にはペダルをかけない。テーマはペダルの指示がないので、基本は踏まずに、必要なところだけ踏むという考えで。
難しい…。こんなにシンプルなメロディーなのに、足が下でばたばたしている。白鳥のイメージ?

◆第1変奏…ゆっくり両手で。
左手のタイを見落としていました。あとはテンポを徐々に上げて強弱をつけて。

◆第2変奏…ゆっくり両手で。
左手をもっと主張してよい。テンポを上げて強弱をつけて。

◆第3変奏…ゆっくり両手で。
左右ともポジションが飛ぶので、急にペースダウン…
アルペジオの音があやふやなので、まず和音で弾く練習を、辛抱してしばらくやってみて。

◆第4変奏…ゆっくり両手で。
先生の楽譜と運指を比較して、それぞれの良いところを採用。同じ出版社なのに、ピースと本では違うのですね。

◆第5変奏…ゆっくり両手で。
こちらは、先生の楽譜と私のピースでは、スタカートの位置と数が微妙に違います。ピースのほうが整理してつけられているとのことで、ピースのとおりつけることに。テンポを軽快に、強弱をつけて。

◆第6変奏…片手ずつ。
この変奏だけは、いまだに両手で通して弾けたことがありません。難しいうえに長い…。テーマから第5変奏まではそれぞれ20小節なのに、この変奏だけ48小節あります。
片手ずつ弾いて、もう片方は先生が合わせて弾いてくださったのですが、左手がピンチです!弾きながら目が白黒してしまいました練習しなくちゃ。

■ツェルニー30番■
◆10番
合格しました~最後の日付が1/29と書いてあるので、4か月ぶりです。
胸のつかえが取れました~。

◆11番
上昇スケールの終わりの3つの音は、指だけで弾かずに手のひら全体でつかむ感じで。
特に右手の3-4-5。
長いスラーはひと息で。
10・12小節目の下降のスケールの出だしが、左手に気をとられていて遅いので、準備しておく。
左手で右を支えてあげるつもりで弾くとよい。
「次回もう1回聴かせていただいて、それで終わりにしましょう。」

次回は12番が宿題です。手ごわそう…。

時間切れで、ハノン(暗譜でスケール)・インヴェンション(11番)・バルトークは先送りとなりました。

次回から、レッスンの曜日が変わります。木曜日の中学3年生の子が、塾の都合で月曜日にしたいということなので、入れ替わって木曜日となりました。
次回のレッスンは、6月7日(木)です
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。