スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭の中をめぐる曲

2007/05/24 (木)  カテゴリー/ピアノ曲のこと

blogの更新やメールを書いているとき、BGMを流していることが多いのですが、お気に入りの曲や、そのときツボに入る曲は、ついついリピートしてかけてしまいます。

最近のお気に入りはこの2曲
■ピアノ・ソナタ 第1番 ヘ短調 op.2-1 第1楽章/ベートーヴェン■
→今思えば、発表会前の数日は、この曲ばかり聴いていました。攻める感じの曲調が好きで、聴いていると自分が奮い立つような気がしました。気持ちが落ちないように、本能で聴いていたのかもしれませんね^^;もちろん、いつか弾きたい曲でもあります。
以前、自作のレッスンバッグができ上がって、初めてレッスンに持って行ったとき、先生に、
「ベートーヴェンソナタの本もすっぽり入りそうね。小夏さんもいつかやりましょうね。」
と言われたのを思い出しました。いつになるだろう…。

■ノクターン 第19番 ホ短調 op.72-1(遺作)/ショパン■
→こちらは、ショパン17歳のときの作品。発表会後に何気なく聴いたら、体や心の隅々まで染みました。左手の淡々とした3連符に乗せて歌うメロディーがなんとも悲しげで、右手の8分音符との微妙なリズムの違いが、妙な心地よさを感じます。習作の域を脱しないと言われたこともあるそうですが、どのあたりがそう言われた所以なのでしょうね。ちょっと知ってみたいです。
こちらは、なんとかがんばれば弾けそうかなぁ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。