スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習会 *連弾合わせ*

2007/04/29 (日)  カテゴリー/練習会のこと

今回の練習会は4月27日(金)、平日のため、久しぶりに夜間の部でした。
今回の目的は、タイトルのとおり、K子さんとの『連弾合わせ』のみです。

こんな感じで進めてみました
楽譜を見ながら先日のリハーサルの録音を聴き、『ん』と感じた部分や不安箇所を列挙する。

それは何に問題があるのか、どうすれば解決できるか、考える。(身振り手振り交えて…笑)
↓(ここでやっとピアノの前に座る)
先ほど挙げた箇所をひとつひとつ、前後を長めにとって確認しながら弾いてみる。

↓(何回も何回も

通し弾きして録音
連弾のための6つの小品 Op.11 より第4曲『ワルツ』/ラフマニノフ(2007.4.27 練習会)

録音を聴いて、時間まで部分練習の続き。

以下、で挙がった問題点の一部です。やはり、テンポの変わり目ですね。

moderato
ここは、前よりテンポが遅くなるのですが、四分休符を『1・2・ウン』と休んでしまうと次のテンポがとりづらいので、楽譜に書いてあるように一連の動きでと先生に言われたのですが、なかなか合いません。Moderatoに入っても、リズムを刻んでいるパートがないので、お互いの息づかいでテンポを感じとる必要があります。

moderato-vivo
ここは、Moderatoは同じですが、次がVivoでとても速いです。でも~、Vivoになるのは2拍目から。1拍目まではModeratoなので、たっぷり弾く(ちゃんとテヌートと書いてある…)。Vivoに入ってからは、Primoは付点が詰まらないように、secondoはテンポをしっかりキープして。

Con_moto-Meno_mosso
Meno mossoからCon motoというテンポ運びが2回繰り返されますが、問題はCon motoからMeno mossoに変わる部分。Meno mossoの前の小節が、無意識のうちにリタルダンドのようになってしまっているので気をつける。この部分に限らず、どうもこのペアは、速いテンポからゆっくりにするのが苦手のようです

Presto
ここは最後のページで、2回目のMeno mossoからCon motoの続きです。Prestoでさらに速くなり、最後までテンポは変わらないのですが、この変わり目が、素人には難しいです。音源をお聴きいただくとおわかりになると思いますが、どう考えても『焦って走ってしまったようにしか聞こえない』のですそうではなくて、『ここから速く弾いている』ということをわかってもらうには、どう弾いたらよいかを考えた結果、Prestoに入る直前に、『ほんの一瞬だけ息をのむ』ことにしました。間をあけてしまっては、Primoのメロディーが死んでしまうので、ほんの一瞬です。同時に、ペダルも半分くらい踏み変えて、音の濁りを整理してみようかと。まだ先生に相談していないので暫定ですが…。

fin
そして最後。お互いが最後から2小節目のppを忘れず、私が真っ白になってミスをしなければ、カッコよく決まるでしょう

こんなに連弾の曲をみっちり『見て弾いて』というのは、初めてでした。
連弾について先生はいつも、「ふたりで呼吸を合わせることを、まず第一に考えて。」とおっしゃいます。リハーサルと比べると、だいぶ合ってきたような気がしますが、まぐれかもしれません(笑)。
さあ、あさってのレッスンで、どれだけの成果が出るでしょうか…本番まであと3週間を切りました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。