スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson#03 *まっさらな楽譜で*

2007/03/05 (月)  カテゴリー/2007

待ちに待ったレッスン日。とはいっても…
『たくさん練習した~。』という満足感はなく、
『今日は○をもらうぞ。』という決意や期待感もなく…。
心身に点滴を打ってもらいに行くような感覚で出かけました。

■間奏曲 Op.118-2■
はじめに暗譜で通して弾きましたが、前回のレッスンで問題のなかったところがとんでしまいました。
練習量が激減していたので当然の結果なのかもしれませんが、こんなに忘れてしまうものかと、内心ショックでした。

本日の先生のお言葉
◆ソフトペダルを踏んだときのタッチを研究して。(音がやせてしまっている。)
◆同じパターンが2回続く場合は、同じように弾くと子どもっぽくなるので、変化をつけて。ただし、崩しすぎないよう。
◆金属の響きをしている和音がある。『木の音で』
◆テンポを揺らすときでも、大事な音の前は詰めないほうがよい。
◆una cordaの部分が、後ろに引っ張られている感がある。piu lentoの指示があるが、ゆっくりでも滞ることなく前に進む
◆Tempo Iから、左右に分かれた内声はよくなったが、右手が2声になったときの内声が外声とそろって刻まれていない。右手の1指を意識して。
◆自然なクレッシェンドにするには音の多いほうの手で盛り立てて。少ない音で無理にしようとすると、アクセントのように聞こえてしまうので。
f(フォルテ)→espress.→p(ピアノ)→dim.→calando→dolceのパターンが2回出てくるが、いずれもdolceの前で自分も呼吸をし、吐き出した息とともに次の和音が出るように。

『…難しい…

「細かいことばかり言っていますけど、毎回確実によくなっていますよ。だから私もどんどん欲が出てきてしまうんです。」

と先生はおっしゃいましたが、
『毎回確実によくなっている』というフレーズに敏感に反応してしまって、思わず首を横に振ってしまいました。

■連弾のための6つの小品 Op.11より ワルツ■
まずは、secondoがメロディーになる難しい部分を弾き、その後通して弾きました。
今日からペダルつきなので、雰囲気がぐっとワルツっぽくなってきました。

◆連弾は、ミスしないようにとか、スラーの音をきちんとつなげようなどということより、リズムに乗って2人の息をあわせることを考えるのがいちばん。だからあまり細かいことで悩まなくてよい。
◆ただし、ペダルをつけるとスタカートとそうでない音の区別がつきにくくなるので、スタカートの音はつまむように弾くとよい。

ひと通りレッスンが終わった後、この悶々とした2週間のことや昨日の出来事を、恥ずかしながら先生にお話ししました。すると、

「おうちでは、ひとりでピアノを弾ける時間ってなかなかないですよね。今日は急だから小夏さんも無理でしょうけれど、うちのピアノでよかったら、小夏さんでレッスンが最後のときに、少し弾いていかれてもいいですよ。」

と言ってくださいましたなんてありがたいお言葉。
発表会が近くなったら、そのお言葉に甘えてしまおうかと本気で考えてしまいました。

弾けば弾くほど、訳がわからなくなってしまったブラームスに関しては、
「一度、何も書いていないまっさらな楽譜で弾いてみるとよいと思いますよ。」
と、何も書いていない先生の楽譜を貸してくださいました。
さっそく明日からその楽譜で練習してみようと思います。

これで少し前に進めるとよいのですが…。

8月の発表会の曲、決まりました。
■6つの変奏曲 ト長調/ベートーヴェン■
(オペラ『水車小屋の娘』より二重唱「うつろな心」の主題による)
選曲についての詳しいことは、また記事にします。
ショパンのワルツは、やはり今の私には重すぎました…。

次回のレッスンは、3月12日(月)。1週間後です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。