スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だめな母親

2007/03/04 (日)  カテゴリー/息子のこと

今朝のまめとの会話。
ま「今日ウチで遊んでいい?」
小「お母さんピアノの練習するからうるさいよ、それでもよかったらいいけど…。
…『それでもよかったら…』よくないのは私でした。

ピアノはリビングにあるので、すぐ背後でまめたちが遊んでいます。
こんなのよくあることなので、いつも気にしないでかまわず練習しているのですが、今日は子どもたちの声や発する音が気になって、耳について仕方がありませんでした。
完全に、意識は自分が向かっているピアノではなく、後ろで遊んでいる子どもたちにいっていました。

ゲームのボタンを押すプラスティックな音、ボードゲームのルーレットの音、一喜一憂する子どもたちの声…。
「うるさ~い 
と口から出そうになりながらも、わが家で遊んでいいと言ったのは私なので、今さら外に行きなさいとも言えない。
かといって、「黙って遊びなさい」なんていうのもあまりに身勝手すぎる。

そのまま練習を続けたのですが、とてもブラームスなんて弾ける状態ではなく、選曲中の譜読みもできない。連弾のフォルテやフォルティッシモの部分をガンガン弾いてもどうにもならず、とうとう投げ出してそのまま寝てしまいました。

目が覚めてみたら3時間がたっていて、頭がずきずき痛い。
(ここ数日、仕事も立て込んでいたり、体調が思わしくなかったということもありますが。)
寝た頃、ぽかぽかした日差しが入っていた窓は、もうまめが雨戸を閉めてくれてありました。
頭痛が治まらないので薬を飲むと言ったら、まめが中身を出して、ぬるま湯と一緒に持ってきてくれました。
まめが優しければ優しいほど、自分はだめな母親だと思うのです。
今日のことだって、まめは全然悪くないのにね。ごめんね、まめ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。