スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習会 *2手連弾(!?)ワルツ7番*

2007/02/17 (土)  カテゴリー/練習会のこと

午前中、ピアノ教室のいつものお仲間3人で練習会でした。
今日は私が鍵を開ける係だったのですが、時間ギリギリに到着。
部屋を暖めておこうと思っていたのですが、できませんでした。

今日弾いたのは、
■間奏曲 Op.118-2/ブラームス
■ワルツ Op.64-1(子犬),64-2(7番)/ショパン
■連弾のための6つの小品 Op.11より ワルツ/ラフマニノフ

ブラームスは、最初は暗譜で、あとは楽譜を見ながら弾きました。
譜面台を倒すと自分の音がよく聞こえるのですが、今日は全体的にタッチが荒くて、音が硬かったような気がしました。
弾きながら感じているならすぐに直せばいいのに、なかなかコントロールができません。
帰って録音を聴くとそれがよく現れています。
そして、相変わらず音が乾いている。
今さらなのですが、なんて難しい曲なのでしょう…

ショパンのワルツ…子犬はなんとか両手で最後までたどり着きましたが、まだ『いち・にっ・さ~ん』のゆっくりした3拍子で強弱もなし。ちなみに、はずす・止まる・転ぶの3拍子もそろっています(苦笑)。

7番にいたっては、右手の音しか拾っていないのですが、ずうずうしくも弾いちゃいました。
すると、K子ちゃんがそろそろっと私の横へ来て、左手をつけてくれました。感激~
最後のpiu mossoのところは、
K子「ちょっと早くしちゃお~
小夏「待って~…~タリラリラリC#
にわかに自分で弾いた気になれて、楽しかったです。

さて連弾ですが、初めて録音してみました。
こちらも、K子ちゃんに多大なるご迷惑をかけてしまっています。
私はsecondoなのですが、とにかく聴いていてうるさいんです
K子ちゃんの鈴のような音を、私の『ずん・ちゃっちゃ~』が邪魔しているのです。しかもこの『ずん・ちゃっちゃ~』が間違いだらけ。ワルツの命なのに
全然難しい和音ではないのに、一度はずしたら次に入れないなんて、明らかに練習が足りないんですね。

*みなさんが弾かれた曲*
■エチュード Op.10-12(革命)/ショパン(K子ちゃん)
■野ばらに寄す/マクダウェル(E子さん改めMさん)
■エオリアンハープ/ギロック(同上)

次回練習会は、3月10日(土)です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。