スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson#01 *レッスン再開4年目*

2007/02/08 (木)  カテゴリー/2007

20070209074401
今月から、レッスン再開4年目に入りました。
レッスンは5日(月)
で、K子さんと時間差でうかがって、真ん中で連弾合わせをしました。

■連弾のための6つの小品より ワルツ■
前々日の練習会でも合わせたし、前日の練習ではかなり調子よく弾けたので、合わせるのを楽しみにしていたのですが、なかなかうまくいきませんでした。

今回の曲は、去年弾いたブラームスのワルツと違って、お互いの手が重なることはないのですが、音が厚くて音域が広いので、目が白黒してしまいます。
17日の練習会までにもっと弾き込まなくては。

ところで…K子さんが帰るといきなり、子犬のワルツから始まりました!!
初めてなので、スローテンポでみていただきましたが、早くできそうなので(先生談)、もう1曲ということに…。
同じくショパンのワルツ7番・9番・10番・12番の中から選ぶことになりました。
と言いつつも…先生からは、なんとな~く『7番~7番~…。』という雰囲気を感じます。
7番は好きなのですが、たびたび出てくる独特の『ちゃららっちゃら~♪』のリズムがどうも苦手で…。
すると、7番のプチレッスンが始まってしまいました…。
『ちゃららっちゃら~♪…ちゃららっちゃら~♪…』
ムダのない手の動きや重みのかけ方を教わりながら、繰り返し繰り返し。
それから、『ソ#ラソ#ファ#レ#ソ#~』の8分音符のパターンと、Piu lentoのややこしい左手のパターン。
先生「うん、できるじゃない。」
小夏「でもまだ片手なので…。」
先生「うん、できますよ。弾けますよ(^-^」
小夏「そうですか~?」
(先生の言葉のマジックで、その気になり始めている小夏。弾けるならやっぱり7番弾きたいし…。)

まずは子犬を進めて、その間に決めることにします。

さて、やっと本題のブラームスです。

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。