スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson#38 *お願い、言うことを聴いて*

2007/01/29 (月)  カテゴリー/2006

20070130005302
言うことを聴かないのは、私の指たち。
今日も、スネたり飛び出したり大変でした(^_^;

■ツェルニー30番■
◆10番
1拍目はしっかり入り、16分音符4つのかたまりが、片手で弾いているようになめらかに。
3つ目が右の1指がのとき、上から落ちているので、アクセントがついてしまう。4つ目の音は抜く。

9小節目からの4小節間は、左手は上下の動きで、右手は這うように。

最後の4小節間は、音が離れたクレッシェンドだが、フレーズの作り方は最初と同じ。

以上のことに気をつけて、テンポを上げて、次回で終わりにしましょう。
(前回もそんな気が…。)

◆11番
上昇スケールの最後の8分音符が短く間が詰まってしまうので、テンポをしっかり守って。
(メトロノームに合わせると、すでに2小節目からずれている…。)

自宅でも、メトロノームの力を借りて練習してみて。
(普段は、メトロノームは最初にテンポを確認するくらいにして、あとは自分の耳で保てるようにとおっしゃるのですが、今日はよほどヒドいのか…。)

一度ゆっくりに戻って(8分音符=88)からテンポアップして(8分音符=120)、次回で終わりにしましょう…。
(できるかなぁ…。)
■間奏曲 Op.118-2■
昨日、かなり弾いたのですが…

◆もっと間があってよい。間の前のルバートも、もう少しあってもよい。

◆符点のリズムでクレッシェンドをかけるときは、拍の頭の音で考える。1音1音かけるとべたっとする。

◆テンポを揺らして進ませたら、フレーズの終わりでは必ず戻して収める。

◆長いクレッシェンドを山登りに例えると…、一度登り始めたら、振り向かずにどんどん登る。和音でない音がやせてしまわないように。
(目からウロコ!!まさにそんな場面。すごくイメージしやすくなりました。)

◆余分な手の動きが見られる箇所がある。拍頭は手をしっかり落として、弱拍は抜く。1音1音上げたり下げたりしない。
◆2ページ目のリピートの中がカラッとしているので、しっとりとした音で。この曲は、ブラームスの晩年の曲なので、そのことを頭にいつもおいて。

◆3ページ目のuna corda…しっかりタッチして和音の上の音をよく響かせて。
最後の5つの和音は、真ん中の音の移り変わりを意識して弾く。
(気をつけて弾くと、その音が浮き出て聞こえるから不思議です。)

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。