スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson#36 *2007年初レッスン*

2007/01/13 (土)  カテゴリー/2006

Lesson#36 *2007年初レッスン*

新年初レッスンは9日でした♪
初レッスンなのに、どうして#36なの…?と思いますよね。

なぜかというと、ピアノレッスンを再開したのが2月だから…という、私の小さなこだわりです。

今回もK子さんと続きでお願いして、真ん中を連弾の時間にしました。

■連弾のための6つの小品より ワルツ■
ゆっくりながらもかなり練習したのですが…二人で合わせると『なに!?』っていうくらい、全然弾けなくなってしまいました。

◆楽譜に目をやってはいるが、見てはいても追えていない。
◆かといって、手元に集中できているわけでもない。
◆一度つまずくと、止めてもらわないと入れない。

目が泳いでいるのが、自分でもわかりました。

先生は、
「連弾は、まだ曲が決まっていない人がほとんどだから、今ここまでできていれば心配ないですよ。」
とおっしゃいましたが…。
次回K子さんと一緒のレッスンまでに、つまずいてもせめて流れを止めないようにしなければ…低い目標だ。

■間奏曲 Op.118-2■
ペダルの指示が多かったです。
そのほとんどが、自分でどうしようか迷っていたところだったので、ひとつずつ見ていただきました。
その他は、
◆Pのフレーズの中のアクセントは、突出した音にならないように。
強く弾くのではなく、際だたせるイメージで。
◆2ページ目のpiu lentoの後、a tempoで左手が3連符の伴奏になると、テンポが前より速くなってしまう。
3連符になっただけでも速く感じるので、走らないように気をつける。
◆3連符の伴奏のとき、2の指で弾く黒鍵の音にアクセントがついて聞こえる。タッチに気を遣って、重みは1拍目に。

この日はなぜか、連弾のときから集中力が欠けていて、弾けるところでミスタッチをしたり、止まってしまったり。
へこみっぱなしのレッスンでした。

そんなでも、先生は必ず良いところを見つけてほめてくださるんです。
がんばらなくちゃ。

次回のレッスンは、1月19日(金)です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。