スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson#35 *ピアノのチカラ*

2006/12/29 (金)  カテゴリー/2006

こんにちは!! 小夏です♪
ただいまネットカフェに来ております。
ということは…そう!! 久しぶりにパソコンからの更新です!!
なんて快適な…。

今年最後のレッスンは、26日(火)でした。
またこの日は、ピアノが来てから初めてのレッスンでもあったので、なにかいつもと違う心持ちで先生のお宅に向かいました。

それにしても当日の関東地方はひどい雨…。
車を降りてから傘をさすまでの数秒でびっしょりになってしまいました。

K子さんのほうがひと足先に着いていましたが、あまりに雨がひどいので、前のレッスンの子を近くのバス停まで送っていたので、私からレッスンスタートです。

■間奏曲 Op.118-2■
まずは最初から通してということで弾き始めたのですが、ピアノから出た音の大きさにびっくり。
『なになに…!?』
(と思いながらもそのまま弾き続ける…。)
前回のレッスンから15日たっているので、私にしては日にちがあいているけれど、いつもと同じレッスン風景。なのに、なにかが今までとは違うんです。
(でも、いやな違いではないぞ…。)
弾き終わると先生に、
「音が変わりましたね。すごくしっかりとしたタッチになりましたよ。」
と言われました。
でも自分の中ではよくわからなくて、思わず
「全然違いますか!? そんなに違いますか!?」
と念押しのように聞いてしまいました。
(先生のおっしゃることを信じていないわけではないのですが…笑)
すると、
「全然違いますよ。ピアノで練習を始めたからだと思いますよ。」
と先生。
そうなんだ。これってピアノのチカラだったんだ…。
そう思うと、なんだかじわ~っとうれしさがこみ上げてきました。
さっそく成果が実感できてうれしいです。

肝心のレッスンですが、その後ははじめに戻って、部分部分のフレージングやペダリングなどを細かくみていただきました。
この曲を始めたころは、先生はアップライトで模範演奏をしながらのレッスンでしたが、この日は違いました。

かぶりつきです(笑)!!

フレージングのときは、
「進んで~クレッシェンド~、はいブレス~…」
と手振り付きで。
ペダリングのときは、
「う~ん、もう1回…あ、今のいいですね~…」
と腰をかがめて。

こんなにアクティブな先生を見たのは初めてでした。

una cordaの部分は、鍵盤に近いところから前に押すような深いタッチで、ソプラノを響かせるように。
左右の内声がメロディーになる部分は、意識を集中して際立たせて。家での練習は少しアタック気味に弾いてみてとのことでした。

次は、K子さんとの連弾です。
■連弾のための6つの小品より ワルツ■
二人で合わせるのはこの日が初めて。
まだ合わせるには申し訳ない程度しか弾けないのですが、せっかく同じレッスン日なので無理やり(!?)合わせました。
案の定私はぐずぐず…。K子さんは強弱までついていて、それに合わせるという状態でした。
年明けのレッスンまでに、ゆっくりでもテンポを守って弾けるようにすることを目標にします。

次はK子さんのレッスンなのですが、図々しく居座って聴かせていただきました。
だって『革命』なんだも~ん。

先月の練習会のときは左手だけをゆっくり弾いていたのに、この日はすでに両手になっていて、テンポも少し上がって最後まで弾いてしまいました。
すごいな~♪

K子さんのレッスンが終わった後、今日は私たちで終わりなので、時間があれば弾いてもかまわないということで、遠慮なく連弾の練習をさせていただきました。
ちょっと弾いては、お互いに『ごめんごめん』の言い合いでしたが(笑)、最初に合わせたときよりだいぶ良くなったと先生に言われ、少しの時間でも有効に使えば前に進めることを実感しました。
(でも、まだ曲というにはほど遠いんですけどね…。)

新年の初レッスンも決まり、ごあいさつも済んで帰るはずが、レッスン質で立ち話→玄関で立ち話(寒~)。

新年初レッスンは1月9日(火)。5月の発表会に向けてがんばります。

なんだか今日は、とっても長くなってしまいました。
最後まで読んでくださってありがとうございます(多謝)。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。