スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson#33 *ちょっとだけ前進*

2006/12/05 (火)  カテゴリー/2006

レッスンは昨日だったのですが、またまた当日に更新できませんでした。
ふぅ~。
でも無理しない無理しない…。

みなさんはレッスン代をどのように先生にお渡ししていますか?
私の場合は、レッスン毎でも月末にまとめてでもよいと言われていますが、レッスン毎にお渡ししています。
ところが…おとといの夜、お金を入れようとしてレッスンバッグから袋を出したら、なんだか手触りが…
そうなんです。先週すっかり忘れてしまったようです。
お渡ししたかどうかすら覚えていないなんて、ちょっとショック…。

お詫びをして2週分のレッスン代をお渡しして、レッスンスタートとなりました。

■ツェルニー30番■
◆10番
だいぶよくなってきましたが、ちょっと油断していると、右手の1の指が強くなってしまいます。
「1拍目に重みをかけて、あとはだんだん抜く感じで…。」
ということでやってみたのですが、意識しすぎてしまい、手が『おいでおいで~』とオバケのようになってしまいました(笑)!!
次回は今日のことを意識してテンポアップです。

◆11番
今回初めてのレッスンです。
G-durのスケールですが、今までと違うのは、フレーズの終わりに向かってクレッシェンドし、スフォルツァンドで終わること。
5の指に力のない子どもだとなかなか難しいそうですが、「小夏さんは5の指がしっかりしているからだいじょうぶですね。しっかりクレッシェンドしてくださいね。」と先生が…。
どちらも今年中に終われたらなぁ…。

■インヴェンション■
◆10番
かれこれ2か月弾いていますが、これで卒業です☆″
過去に弾いた曲も、やはり同じくらいかかっているのですが、
「小夏さんは暗譜までしているし、同じペースで進んでいるならいいと思いますよ。」
との先生のひと言で、ふっと気が楽になりました。
難しかったですが、楽しいのでずっと弾いていたい曲です。

次は11番です。
なんだか装飾がたくさん、初体験のターンも出てきます。

■連弾のための6つの小品より ワルツ Op.11/ラフマニノフ■
いよいよ連弾も本格始動です。

1ページだけセコンドがメロディーの部分があるのですが、主に右手の4・5でメロディーを弾いて、1・2でスタカートの和音という形です。
練習の甲斐あって、
「4・5の音ははきちんと残っているし1・2の和音との弾き分けもできていますよ。」
とおほめの言葉をいただきました(わ~い♪)
あとはテンポ。
この曲は1小節1拍で数える、テンポの速いワルツです。
まだゆっくりした3拍子でしか弾けませんが、春には軽快なワルツになっているでしょうか…。

■間奏曲 Op.118-2■
手強い3ページ目から。
「ずいぶんよくなりましたね。」
と先生。やった~♪
(だってすっごく練習したんだもん)

全体的には…
付点のリズムでクレッシェンドするときは、拍の頭の音で考えること。正直にひとつひとつ大きくしない。

カッチリした3拍子ということにとらわれず、進むところ・待つところなど、ポイントをおさえて。

ルバートをかけるところは、
「音がしっかりつかめて自信を持って弾けるようになったら自然に出てくると思います。だから私が今あれこれ言わないことにしますね…小夏さんの個性がなくなってしまいますから。」
と言われました。早く歌えるようになりたい!!

ただ、『ほしい音とそうでない音』これだけは常に意識してとのことでした。

次回は12月11日(月)です。
今年も残り少なくなってきましたね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。