スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おさらい会と練習会

2006/08/13 (日)  カテゴリー/練習会のこと

今日は、あまりの暑さに家から1歩も外に出ませんでした。

■おさらい会(7月22日)■
いまさらながらレポートを。
あまりの不出来に落ち込んでしまったのと、パソコンが壊れていたことが、ここまで引っぱってしまった原因か!?

今回のおさらい会は、大人の生徒にとっては発表会のリハーサルのようなもの。
『本番じゃないんだから…リハーサルリハーサル…』
と自分を落ち着かせていましたが、実は訳あって私はトリ(実力ではないです)。
人前で弾くだけでもあがってしまうのに、最後というだけでこんなにもプレッシャーが違うのかと、初めて味わう感覚でした。

…というわけで(!?)演奏は、本当にたいへんお粗末な結果に終わってしまいました。
あまりに悔しくて、しばし落ち込んでしまったのですが、先生が「本番は8月ですから、そのときにピークがくればよいのですよ。」と声をかけてくださり、少しずつ元気が出てきました。

録音は…したんですけどね…ちょっと聴くに耐えないのでここでは封印です。
あとで明日の練習会の分をupします。曲が終わった後のお仲間のひと言で、おさらい会がどれだけお粗末だったかおわかりかと思います。

■練習会(8月12日)■
発表会まであと2週間。
ソロ曲は交代で好きなように弾き、二人そろわないとできない連弾の合わせをしました。
復活したワルツ第1番(ブラームス)は、軽快で元気な曲なのですが、1か所だけK子さんの左手に私の右手がかぶるところがあります。
お互い遠慮してしまって、その部分があやふやになっているので、とにかく遠慮しないで自分のパートの音を出してみようということに。
しかし、そうするとどうしても、私の手がK子さんの手を上から押して邪魔をしてしまいます。どうしようか…。

なにか解決策はないかと、ふと楽譜に目をやったら…なんと、私の指づかいが間違っていることが発覚!楽譜通りの指づかいで弾いたらあっさり解決。
K子さん、ごめんなさ~い。

13番・15番は、どちらも私のペダルが曲の雰囲気を大きく左右するのですが、特に15番のペダルはひとりで弾いていてもわからないので、ずいぶんK子さんにつきあってもらいました。

E子さんは、都合で中1時間だけの参加でしたので、その時間は優先的に弾いていただきました。
そのE子さんからびっくり情報が…なんと、次回の練習会に先生がいらっしゃるというのです!
というのも…E子さんが、帰省するので発表会までにレッスンに行けそうにないというお話を先生にされたら、先生が練習会に出張してくださるといういきさつだそうです。
その前日、K子さんと私はレッスンなので、なんと2日続けてみていただけるのです!

お礼はどうしよう…。その日に用意しておくのもおかしいから、発表会が終わったら、みんなでしようかな。

イタリア協奏曲 第3楽章(2006.8.12 練習会)
おさらい会に比べたら奇跡的(?)な復活ですが、まだまだ音色もテンポも不安定です。
(10秒ほどたってからスタートします。)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。