スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson#20 *今まででいちばん*

2006/07/31 (月)  カテゴリー/2006

発表会までは、K子さんと時間を合わせてのレッスンです。

◆イタリア協奏曲 第3楽章◆
→先日の、雪崩のように崩れたおさらい会(まだ報告していませんでしたね)以来、初めてのレッスン。
録音を聴いて、雪崩部分を集中練習していった甲斐あって、その部分は克服できました。
しかし、どこかがよくなると、違う気になる部分が目立ってきます。
◆フォルテ(tutti)とピアノ(solo)の対比を出そうとするあまり、フォルテがぶつけるような弾き方になってしまっている。ピアノの部分に、より気を遣って。
◆両手が8分音符で動くときは、集中して左右両方の縦の線をしっかり合わせる。『妥協をしない練習を』
◆カデンツはたっぷり弾くが、中途半端だと、ただずれているようにしか聞こえないので、節目という意識で弾く。
◆カデンツの後、テンポを元に戻すことを意識しすぎて前より早くなってしまうので、落ち着いて。

このあたりのことは、テクニックを磨くのはもちろんですが、気持ちも大きなウエイトを占めてくるのかな…と思います。
スポーツだけでなく音楽も『心・技・体』なのですね。

今日は先生が、
「今まででいちばんよかったですよ
と言ってくださいました。うれしい。

そうこうしているうちに、K子さん到着。
先に連弾合わせをしました。

◆ワルツ Op.39-13,15/ブラームス◆
→1番と2番も練習していたのですが、本番までに二人で合わせられる時間があまりないため、13番と15番の2曲になりました。

◆13番
ハ長調の元気な曲です。
一般的なワルツの『ずんちゃっちゃっ』というリズムではないので、合わせるのが難しいです。
でも、前回まではお互いが自分のことでめいっぱいだったのに比べ、だいぶお互いの音が聴けるようになりました。
もう少し余裕が出てきたら、フレーズの終わりがピタッと合うと思います。

◆15番
ブラームスのワルツといったらこの曲…というくらい有名で、美しい曲です。
dolceで始まり、盛り上がる部分が2回あるのですが、二人とも盛り上がる前から高ぶってしまって、気がつくとお互い『いかん』という顔をしています(笑)。

レッスンが終わり次回の予約をした後、
「この後誰もいないので、時間が許す限り自由に弾いていっていいですよ~
と言ってくださったので、K子さんのレッスンが終わってから、お言葉に甘えて30分、連弾の練習をさせていただきました。
スポンサーサイト

バトンもらいました

2006/07/29 (土)  カテゴリー/小夏のこと

blog仲間のyu-kiさんからバトンをもらいました。
パソコンが直ったのでやっとupできます。
yu-kiさん、遅くなってごめんなさいね。

Q1.今現在、あなたが持っているもので、一つだけ買い換えることができるとしたら、何を買い換えますか?
→家ですねピアノ部屋と手芸部屋を作りたい。
まめと、3億円当たったら何に使う?という非現実的な話をよくするのですが、毎回この答えは変わりません(笑)。

Q2.あなたが世の中で一番恐~いと思うこと(人でもOK)って?
→命が尽きてしまうこと。リアルすぎですけど、考えたら本当にこわいです。

Q3.自分の性格で、ここはちょっと気に入ってる♪と思うところって?
→ありきたりですが、明るいところかなその分心の中で泣いていることも多いですが…。
長所と短所は紙一重ですね。

パソコン直りました

2006/07/24 (月)  カテゴリー/その他

おとといの夕方、パソコン修理完了との連絡が入り、昨日お迎えに行ってきました。

ハードディスクが破損していたとのことで交換となってしまい、
データはすべてなくなってしまいました。
バックアップは、とってあるものとないものがあったのですが、
まめにとっておかないといけないなぁ…と反省しました。

そんな私が言うのもおかしいのですが、みなさんも気をつけてくださいね。

しばらくの間、みなさんのところにおじゃまできないでいましたが、
これからまた行かせていただきますね。

Lesson#19 *連弾って難しい*

2006/07/19 (水)  カテゴリー/2006

今日は、連弾のパートナーのK子さんと2時間続きでお願いし、真ん中の30分で連弾合わせのレッスンをしていただきました。

◆ワルツ/ブラームス◆
本日初合わせです。

やはりいちばんの難所は、お互いの手がぶつかりそうになったり、重なるところです。

調べて印をつけておいたのですが、見落としている部分がありました。

また、ペダルに関しても、プリモのメロディーが切れてしまったところが何か所かあり、反省点いっぱいです。

連弾は何回か経験していますが、回を重ねるごとに、改めて難しさを感じます。

明日(おっ…もう今日だ)第2回練習会があるので、そこでみっちり弾き込みです。

◆イタリア協奏曲 第3楽章◆
なんとかやっと、仕上げの段階に入ってきました。

どこにどんな色をさすか…。
お化粧でいうところのポイントメイクでしょうか?
決してシミ隠しではないですよ~(笑)。

土曜日のおさらい会では、落ち着いて、走り過ぎないように…。

パソコンの修理は、今月いっぱいくらいかかりそうです。

相乗効果?

2006/07/16 (日)  カテゴリー/練習のこと

ブラームスのワルツを弾き始めて、約10日が過ぎました。

発表会まであまり時間がないので不安もあったのですが、逆に思わぬ形で良い方向に働いています。

新曲の譜読みと、練習中の曲。
これを交互にすることで、停滞気味だったイタリア協奏曲が、少しずつですが前に進み始めました。

行き詰まっているときに、気分転換になったのでしょうか?

こんなこともあるのですね。

Lesson#18 *ゆっくり確実に*

2006/07/11 (火)  カテゴリー/2006

◆ワルツ/ブラームス◆
プリモを先生に弾いていただき、1・2・13・15番を合わせました。
どれも好きなのですが、やはり15番はとても美しいです。
目標は4曲すべて舞台に乗せることですが、やっぱりできませんでしたとは言えないので、とりあえず13・15番で申し込んで、できそうなら後で追加することにしました。

ペダルは私が担当するのですが、自分が休符でも相手の音に合わせて踏まなくてはいけないので、難しいですね。

◆イタリア協奏曲 第3楽章◆
テンポが上がってきたら、あらが目立ってきました。もう一度ゆっくり通して弾いてみると、同じところをつまづいてしまったり、雑に弾いてしまっていたり。
特に注意が必要な部分に、赤えんぴつが入りました。う~ん、目立つ!
次回までに克服です。

来週末はおさらい会があって、大人の生徒は発表会のリハーサルを兼ねています。

そのときには、
「テンポを落としても、止まらないで最後まで弾けるように」
というのが目標です。

お知らせ

2006/07/09 (日)  カテゴリー/その他

こんばんは。
今日もいらしてくださってありがとうございます。

おととい、突然パソコンが使えなくなってしまいました(泣)。
電源を入れると立ち上がろうとしている様子はあるのですが、途中からうんともすんともいいません。
試しにCDを入れてみると、『ウィ~ン』と読み込む音はしていますが、何しろ画面が真っ暗なので、何もわかりません。

はぁ~、何だと思います?

明日修理に出す予定なので、しばらくは携帯から更新させていただきます。

読みにくい部分もあると思いますが、どうかご容赦ください。

********************

★yu-kiさんへ
先ほどyu-kiさんのblogにコメントさせていただきましたが、やはり携帯からではできないらしく、全部文字化けしてしまいました。(2006-07-09 00:42:23のコメントです)
お手数ですが、削除していただけますか?
バトンは確かに受け取りました。
パソコンが直ったらupしますね。
いろいろごめんなさい。

歌いながら

2006/07/05 (水)  カテゴリー/練習のこと

急遽決まったブラームスのワルツ、練習開始です。
昨日はなんとなく全体を見渡してみたのですが、今日は1番だけじっくり弾きました。

24小節で、オープニングにふさわしく、ロ長調の明るく元気な曲です。
『ズン・チャッ・ズン』というリズムがメインなのですが、まだ先を見る余裕がないので、
リズムパターンが変わるところでつまづいてしまいます。
また、臨時記号が付いていている和音などは、弾いていても合っているかどうかわからない。
プリモを録音して重ねてみようと思ったけれど、時間がもったいないので、

歌うことにしました

ヘッドホンをつけての練習なので、さぞかしおかしな光景でしょう。
「タラララ~ラ~ラ~…あれ? タラララララ…ん?」
案の定、まめがのぞきに来ました。

しばらくがまんしてね~お母さん、おかしくなっちゃったわけではないから~^^;

Lesson#17 *緊急事態発生!?*

2006/07/04 (火)  カテゴリー/2006

◆イタリア協奏曲 第3楽章◆
ちょっといろいろありまして、一日遅れのレッスン報告です。

ita3#7-8このパターンのときに、二分音符の次の音が残ってしまうので注意すること。特に、棒が下を向いている二分音符のパターンのときは、同じ音に戻ってくるため、軸にしてしまっている。
(自分ではまったく気付いていませんでした。ショック。)※

ita3#41-42縦をそろえること。
右手の指がかぶる部分が遅れ気味。左手は性格に刻めているので左手で引っぱっていくように。



ita3#53-54(このパターンが、調を変えて2回出てきます。)
ここがブレーキになっているので、しっかりさらう。音が跳ぶところは、ムダな動きが多いとはずしやすいので、最短距離の平行移動で。

ita3#93-94八分音符のスケールが走ってしまうので、テンポをキープして。
(どんどん早くなると、自分の首をしめてしまう~。)



※の部分に関しては、本当にびっくりです。
まったくそんなことをしているつもりはなかったので、ショックです。
自分でも気付かないうちに楽な方へと向かってしまっていたのですね。

その上いろいろ指示があって、少々落ち込んでいたのですが、
「大丈夫、決して後退はしていませんよ。」
という先生の言葉で、なんとか気を取り直すことができました。

◆フランス組曲 第2番◆
『アルマンド』だけ、ちょっとだけ弾きました。ゆ~っくり1声ずつ。
先生が合わせてくださったのですが、とても美しい。

ところで…

『緊急事態』などと大げさなタイトルを書いてしまいましたが、緊急事態なんです。

夏の発表会の曲が増えたんです。

昨日の夜先生から電話があって、
『今年は参加者が少ないから、連弾でも誰か出てくれる人はいないか? と主催の楽器店から連絡があったのだけど、小夏さんとK子さんにお願いできないか?』
という内容でした。

K子さんと相談したところ、『先生が相当困っていらっしゃるようなので、何とかがんばろう!』ということになりました。(即決したように感じるかも知れませんが、短い時間で深~く悩んだのですよ…笑)

そうと決まったら、すぐにでも練習を始めないと間に合わない。
ちょうど今日がK子さんのレッスン日だったので、私も行って先生と3人で選曲をしました。

その結果…
『ワルツOp.39/ブラームス』より、1番・2番・13番・15番
になりました。(仕上がり具合によっては抜粋)
Primo:K子さん、Secondo:小夏です。

どうなる、K子!小夏!

ステキなサイトをご紹介

2006/07/01 (土)  カテゴリー/その他

今日は私のお気に入りの、ステキなサイトをご紹介します。

mio carissimo Maestro~ショパン大好き!

管理人でいらっしゃるまいさんは、ピアノ再開者だそうですが、とてもそうは思えない、
素晴らしい演奏を公開されています。

「昨日やめて、今日再開したんですか?」と聞きたくなるくらいです。

私の大好きな『舟歌』もちろん素晴らしいのですが、何度聴いても心がうるうるしてしまうのは、『ピアノ協奏曲第1番 第2楽章』の独奏版です。
今も書きながら聴いています。

ほかにも、ジャンル別や作品番号順に曲の一覧が見られたり、バイオグラフィーでは、
年代ごとに作られた曲がまとめられていて、とても興味深いです。

ぜひ、遊びに行ってみてくださいね。
(この記事のリンク、blogのリンクの両方から行けます。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。