スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson #15 *イタリアの次はフランス?*

2006/06/20 (火)  カテゴリー/2006

昨日は、休日出勤の振替のためお休み。
美容院でサッパリしてからレッスンに向かいました。

先生のお宅に着くと、
「いつもお仕事の帰りであわただしいから、少しゆっくりしませんか
と、コーヒーとケーキを用意して待っていてくださいました。感激

いただきながら、(来年の)発表会の曲の話になったのですが、
「フランス組曲はどうですかと先生が…。
(うわぁ~フランス組曲だ

レッスン室に入ってから、ピアノの上に置いてある
『BACH』
と書いてある楽譜がず~っと気になっていたのですが、まさにそれでした。

(でも5番しか知らない。先生、何番ですか~
この組曲は2番から入ると良いようで、以降、1→3→4→5→6と難しくなっていくそうです。
ということで、2番もしくは1番のどちらかから数曲ということで、楽譜をお借りしてきました。
よく耳にする5番は、意外と難しいのですね。

家に帰って、メロディーらしき部分をちょっと弾いてみたのですが、2番になりそうです。
ハ短調で、美しさの中に緊張感がある感じがします。
まだ決定ではないけれど…でもたぶん決めてしまうだろうと思います。

来年のことだから急ぐ必要はないけれど、
先生が選んでくださった曲で私が気に入ったなら、先延ばしする必要はないかなぁと思って。

やっとレッスン記録です。長くなってしまったので簡単に。

◆ハノン◆
→今日は今ひとつで、「まあ、いいでしょう。」という感じ。

◆イタリア協奏曲 第3楽章◆ 曲の簡単な解説はこちら→
→右手5を押さえたままで4・3・2と弾くときに、4が残ってしまうため音が濁っている。
意識して弾くように。
やはり4の指の独立は難しいです。

→tuttiの盛り上がりは良くなったが、soloに入ったときに引きずってしまい、
タッチが不安定になっている。音が均等に出るように、緻密(ちみつ)に弾く。

発表会まであと2か月。明るく元気な曲に仕上げたいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。