スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連弾の選曲

2006/05/31 (水)  カテゴリー/教室の

教室の発表会では、通常、ソロと連弾の2曲を弾きますが、
次回の発表会は、3月まで同じ職場で働いていたK子さんと連弾することになりました。
K子さんは私よりひとつ年上で、やはり大人になってからの再開組です。
再開したのは今年の1月ですが、その前のピアノ歴が私の2倍以上で、ブランクは約半分。
技術では届かない分を度胸で補おうと決めて、私から申し込みました。
意外なことに、Kさんは連弾が初めてということでしたが、快く受けてくれました。

この話を先生にしたところ、何曲か楽譜を貸してくださいました。

◆ワルツ/ブラームス(1曲が短いので、何曲か)
◆ハンガリー舞曲/ブラームス(魅力的だけれど、どれも難しい…)
◆ソナチネ/ディアベリ(かわいらしい曲。短いので全楽章)
◆ドリー組曲より「スペインの踊り」/フォーレ(細かい音符がいっぱいで速い…)
◆連弾のための6つの小品より「ワルツ」/ラフマニノフ
(ラフマニノフって聞いただけでびびってしまった。弾きごたえありそう。)

ハンガリー舞曲はCDも貸してくださったのですが、Primoを弾いているのが、
20代前半のミシェル・ベロフ(現在NHKスーパーピアノレッスンの講師)でした。
ジャケットの写真が若い!

今度の日曜日に先生の発表会を聴きに行くのですが、その帰りにお茶を飲みながら、
二人で選曲会をすることにしました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。