スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一緒にバッハ弾きましょう!

2006/03/25 (土)  カテゴリー/バロック

ピアノを再開して2か月ほど経ったとき、先生から「バッハ弾いてみませんか?左手のよい練習になりますよ。」と言われました。
ピアノの上達のためならなんでもトライしてみたい私ですから、即答しました。
いずれインヴェンションをということだったのですが、その導入で始めたのが、
『バッハ ピアノ小品集(全音)』です。ちなみに定価は600円。
ほとんどが1ページ程度の曲で、難易度でいうと★です。
確かに始めのほうは、レ~ソラシドレ・ソ・ソのメヌエットなどの易しい曲ですが、後ろのほうへ進むと、フランス組曲やイギリス組曲の曲も入っていて、これで★?と思ってしまいます。全曲は弾きませんでしたが、参考までに、レッスンしていただいた曲をご紹介します。

◆1.メヌエット BWV Anh.114◆ト長調
→言わずと知れた『レ~ソラシドレ・ソ・ソ』のメヌエットです。

◆2.メヌエット BWV Anh.115◆ト短調
→1のメヌエットと関連性があって、本来は1→2→1と演奏されるそうです。

◆3.マーチ BWV Anh.122◆ニ長調
→トランペットを思わせる軽快な行進曲…と書いてありますが、私が弾くと…。

◆4.メヌエット BWV 822(Trio)◆ト長調
→優雅な感じの曲です。左手も主張してとよく言われました。

◆5・6.メヌエット BWV 822-1,2◆ト短調
→この二つのメヌエットは、上声部と下声部を八度の二重対位法によってそっくり交換したもの…と書いてありますが、要するに、5番の左右がまったく逆になったものが6番ということです。これで曲ができてしまうんですね~。

◆8.メヌエット BWV Anh.132◆ニ短調
→18小節の短い曲ですが、短九度の和音や十度の跳躍があったりします。

◆9.ミュゼット◆ト長調
→バグパイプをイメージする曲です。イギリス組曲第3番の中で、ガボットとして、次に出てくる12番のガボットに続けて演奏されるようです。

◆12.ガボット BWV 808◆ト短調(イギリス組曲 第3番の5曲目)
→ト短調の愛らしい旋律をもち…と書いてありますが、私にはどうしてもそうは思えませんでした。
右手と左手の完全な独立を要すると書いてある通り、両手になってからが難しく、1ページちょっとの曲でしたが、2か月もかかってしまいました。

◆14.ガボット BWV 816◆ト長調(フランス組曲 第5番の5曲目)
→ピアノを習ったことがない人でも、どこかで聴いたことがあるでしょう。前出のガボットよりこちらのほうが愛らしいと思います。
譜読みに時間はかかりませんでしたが、フレーズ感を出すのにとても苦労しました。

◆15.メヌエット BWV 813◆ハ短調(フランス組曲 第2番の5曲目)
→完全なレガートをもってこの曲の感傷的な情緒を表現しなければならない…と書いてあります。
右手が8小節分スラーでつながっている中で、2小節ずつのフレーズ感を出しながら、左手は1拍目で終わって2拍目から次のフレーズが始まるというのが本当に難しかったです。でも、こういうところが曲の中でいちばん美しいところなんですよね。

ここまで読んでくださった方、最後までおつきあいくださってありがとうございます。
大人の方は、バッハというと拒否反応を示す方が多いと聞きます。
そういう私も決して得意ではありません。
でも、ピアノが上手になりたいというだけで始めたバッハも、今では好きな作曲家のひとりです。

バッハはいや~ん…と思っている大人の方、やさしい曲から始めてみませんか?
この本だけでなく、プレインヴェンションなどやさしいバッハの本が出ています。
一緒にバッハ弾きましょう!
スポンサーサイト

Lesson #6 *ハノンとイタリア協奏曲*

2006/03/21 (火)  カテゴリー/2006

今日は、ハノンで指を動かして、イタリア協奏曲に絞ってのレッスンでした。というのも…

来週、人事異動の内示が出るのですが、私にもかかってくる可能性が大きいんです。
そうなると、しばらくは今まで通りのペースでレッスンに通えなくなってしまうので、
その間家での練習が苦にならないように、指づかいや弾き方などをできるだけ見てしまいましょう…
という、先生の温かい心遣いです。

◆ハノン◆
暗譜でスケール(F-dur,B-dur,Es-dur,As-dur,Des-dur,Ges-dur)

五線カードを見たら、ぱっと反応して弾けるように。
  最初のうちは4つずつアクセントを付けてもよいが、弾けるようになったら、
  始めの音・頂点の音・繰り返すときのいちばん下の音はしっかり弾いて、あとは流れるように。
  でも、リズム感は忘れずに…難しい。
  先週からの持ち越しでしたが、なんとか合格。
  先週よりとてもリズムに乗れていましたよ…と先生。 
  でもやはり、♭の調は苦手だなぁ。先生は♭のほうが弾きやすいそうです。
  人それぞれなんだなぁ…。

◆イタリア協奏曲 第3楽章◆
→今日は16ページを両手にしていくのが宿題だったので、まずはそこから。
  フォルテ(tutti)とピアノ(solo)の対比をはっきりさせるように。
  全体的に、長い音符はしっかり響かせて、短い音符は軽く弾くように。
  右手5指を残して内声を弾く場合、内声をがんばらない。
  案の定、前回書いた魔の(!?)3小節が…ダメだと思うと余計に弾けない。
  ここは特によくさらうように。

  あとは、今日の最初にも書きましたが、指づかい・弾き方等を、最後までみていただきました。
  まだ全然譜読みをしていなかったので、おそろしくたどたどしかったのですが、
  指づかいが決まったので、家での練習でも少しずつ前に進めそうです。

毎回思うのですが、ピアノのこと以外にも、仕事のことや家庭のことまでいつも気にかけてくださる先生には、本当に感謝しています。

異動に備えて、来週のレッスンはお休み。異動になれば再来週もお休み。
でも万が一の確率で異動がなかったら、再来週は行くぞ!

ただいま苦戦中…

2006/03/19 (日)  カテゴリー/バロック

昨日の練習で私を苦しめた部分はココ(101~103の3小節)
イタリア協奏曲 #101-102イタリア協奏曲 #103

左手は開いたり縮んだり、右手は残したり離したりで、私にとっては見た目より難しい!
しかも、見開きながらもページが変わるので、余計に弾きづらいんです。
明日はここまでを両手で弾くことになっているのですが、
片手ずつでは問題ないのに、両手になると、

手はオロオロ、目はキョロキョロ、頭はクルクル

やればやるほどほど弾けないので、今日はそこばかりに執着しないように練習しました。

インヴェンションの練習で、前の日までいくらやっても弾けなかったところが、次の日の練習の始めに突然弾けたという現象をよく経験します。
こつこつ続けていれば、またこんなことが起きるのかな…。
明日、レッスンに行ってきます

本日の練習 *夜の部*

2006/03/18 (土)  カテゴリー/練習のこと

練習は少しずつでもよいから毎日こつこつと…わかってはいるけれど、
今日は時間がたっぷりあったので、気がつけば、昨日の疲れが増幅するほど弾いてしまいました。
これでは集中力がもたないのは当たり前。

結局、夜の部は、インヴェンションとイタリア協奏曲のみ。
いつも練習の終わりは
『よし!今日はこれで終わり!』
という感じでさわやか(!?)に終わるのに、今日はだめ。
ココが弾けたら終わりにしようと思う部分が、弾けば弾くほどできなくて、
『もういや~。』
という感じ。こんなに後味の悪いのは初めて。
今日は、ストレスがたまった練習でした。

本日の練習 *昼の部*

2006/03/18 (土)  カテゴリー/練習のこと

昨日は仕事でトラブルがあり、帰宅したのは夜9時過ぎ。
いつもならこのくらいの時間から練習を始めるのですが、さすがにくたびれ果ててしまって、
ピアノのふたを開ける気が起きませんでした。

今日も疲れが残るものの、息子は遊びに行っていないので気兼ねなく弾ける…と、
ハノン・ツェルニー・バッハ2曲で気がつけば2時間。
ピアノを弾いている時間って、あっという間です。
しかも、昼間だからヘッドフォンなし!
わが家は電子ピアノだけれど、それでも生の音はいいなぁ。

夜の部は、昼間のおさらいとバルトークの予定です。

CD買っちゃいました

2006/03/15 (水)  カテゴリー/ピアノ曲のこと

先々週、母の「生協でピアノのCDが出てるよ~。」という声に誘われ、
値段も何も考えずにほしいままを注文し、おととい届きました。その数4枚(2枚組×2)。

ひとつは、
◆ショパン名曲物語1・2◆(演奏:アシュケナージ)
それぞれ16曲で計32曲。定番の曲もあり、おっ!と思う曲もあり。
大好きな舟歌が入っていたのが購入の決め手!

もうひとつは、
◆ピアノが聴こえる部屋1・2◆
いわゆるピアノの名曲アルバムですが、中でも私の心をとらえて離さなかったのは、
『スペイン舞曲 第1番』(ファリャ)
過去に弾いた曲にもあるように、実は私、スペインものも大好きなんです。
ファリャの曲では、バレエ音楽『恋は魔術師』の中の『火祭りの踊り』が有名ですが、
スペイン舞曲第1番はなかなか見つからなくて、探していたんです。
そして注文カタログをよく見ると、『生協限定販売』の文字が。
ショパンの曲が何曲かダブってしまうけれど、ピアニストは違うだろうから…ということで注文。

そして、届いてみてびっくり!一度聴いてみたいと思っていたハンガリーのピアニスト、
ゾルダン・コチシュの演奏が入っているじゃない!
ハンガリーといえばバルトークの生まれた国。
コチシュはバルトークのCDを多く出しているようで、現在バルトークをレッスン中の私としては、
とても興味のあるピアニストなのです。

今のところ通勤時の車の中が鑑賞タイムなので、一日に数曲が限度。
全部聴くのに何日かかるか…。

気になるのは母からの代金請求。
まだ金額は聞いていないけれど、生協だからある程度の値引きがあっても、4枚となるとね…。

Lesson #5 *終わってみたら90分レッスン*

2006/03/13 (月)  カテゴリー/2006

レッスンが終わってふと時計を見たら、90分経っていました。
◆ハノン◆
暗譜でスケール(F-dur,B-dur,Es-dur,As-dur,Des-dur,Ges-dur)
→♭がつく調がなぜか苦手な私。
  一発合格のつもりでかなり練習したはずでしたが、なかなか思うようにはいかず。
  案の定、下降で一度ひっかかり始めたら、そのままずるずると…。
◆ツェルニー30番◆
6番
→下降の音階で指がくぐるときに、「今くぐった!」とわからないように、粒をそろえてなめらかに。
→16~20小節の左手のメロディーは、スタッカート部分を軽く。そうすると、後のクレッシェンドがか
  けやすい。右手はさりげなく弾き左を目立たせるように。
7番
→両手の分散和音の練習。拍の頭の音を残すのは、左手は慣れているけれど、
  右手は力が入ってしまい、内声をバタバタ弾かないように気をつけると、リズムが不安定。
◆ミクロコスモスVol.2◆
51番,52番,53番
→52番は、わずか8小節ながら、左右でひとつのメロディーを弾く曲。
 メロディーをそれぞれの手に受け渡したことがわからないように、
  1本のひもでつながっているように弾けるとよい。フレーズ感を大切に。
◆インヴェンション◆
7番
→フレーズの切れ目を感じながら弾く。装飾音符もきれいに入り、だいぶよくなってきた。
◆イタリア協奏曲第3楽章◆
→16ページを中心に。指づかいをひとつひとつ確認しながら。
  おまけで、17・18ページの複雑な部分も、今後の練習のために、指づかいを決めました。
*********************************************************
レッスンが終わったときの先生と私の会話…
小夏「あ゛~、むずかしい~」(思わず…)
先生「気が滅入ったりすることはないですか
小夏「ないです」(キッパリ)
先生「そうですよね小夏さんはこのくらいのことではめげないですよね
*********************************************************
そう、楽譜を読むのが好きなので、このくらいではめげないのです。
さすが先生よくご存じ。
(かと言って、まったく余裕はありません。)
問題は、発表会まで1か月を切ってから。
言いようもない不安感から、仕事帰りに先生のお宅にかけ込んでしまうのです。

発表会までの道のり

2006/03/12 (日)  カテゴリー/大人の

先週のレッスンで、夏の発表会までのレッスン目標を決めました。
基本的には週1回で、計月4回のレッスンですが、子どもも仕事もある身なので、
余裕をもって月3回で設定してくださいました。感謝。
イタリア協奏曲だけで1冊の本で、第3楽章はP.14~19の6ページです。
*********************************************************
◆3月◆
1回目:P.14・15
2回目:P.14・15・16
3回目:P.16両手
◆4月◆
1回目:P.17
2回目:P.18・19
3回目:譜読み終了
◆5月・6月◆
細かい部分レッスン→6月末をめどに暗譜
◆7月◆
祝☆完成…の予定
夏休みに入った頃、子どもたちのおさらい会があるので、まずはそこでお披露目。
◆8月◆
下旬に発表会
*********************************************************
明日は3月2回目のレッスン。
まだ譜読みとはいかず音とりの段階ですが、とりあえずP.16までなんとか両手で合わせました。
でも、テンポは、ぜんまいの切れかけたオルゴールのように、どんどん遅くなってしまいます。
果たして、7月の終わりには軽快な曲に仕上がっているでしょうか…。

難しいところが美しいところ

2006/03/09 (木)  カテゴリー/インヴェンション

今までバッハのインヴェンションを5曲(1→4→8→14→5)レッスンしていただきましたが、
どの曲を弾いても思うこと…

2ページ目、特に上半分が難しい
(私はウイーン原典版を使用しているのですが、どの版も1曲が見開き2ページです…よね?)

1ページ目がそれなりのテンポで弾けるようになっても、
そのテンポのまま次のページに入れないんです。

でも、その難しいところが美しいところなんですよね。今弾いている7番は、特にそう感じます。

美しいメロディーは、滞ることなく美しく弾きたい

そう思って、ゆっくりから始まって、だんだんテンポを上げていき、
1ページ目と2ページ目のテンポに差が出てきたら、
2ページ目を重点的に練習し→通して弾き→また2ページ目を練習し→通して弾き…
という感じで進めています。

まだ2声の段階でこんなことを言っているようでは、3声に入ったらどうなってしまうのか…。

Lesson #4 *発表会に向けて始動*

2006/03/06 (月)  カテゴリー/2006

本日のレッスン
ハノン…暗譜でスケール(C-dur,G-dur,D-dur,A-dur,E-dur,H-dur)
五線カード(表)五線カード(ウラ)
↑↑↑このカード(※)の表を先生がランダムで出し、その調を弾く。
いずれ全長短調でする予定です。
(※五線カード…トランプくらいの大きさで、五線のみが印刷してあります。ト音記号や調号がはじめから書かれているものもあります。)
ツェルニー30番…5番,6番
イタリア協奏曲第3楽章…ありえないくらいの遅いテンポで約1ページ半をなんとか両手で。
                発表会までのスケジュール相談
インヴェンション7番…まだゆっくり最後まで通すのがやっとという感じ。
ミクロコスモスVol.2…50.ミヌエット,51.揺れて,52.換え手をもつ単音旋律

レッスンの1時間は、上手に弾けないながらも、余計なことを忘れられる楽しく貴重な時間です。

肩を痛めてから、曲が手元にあるのに弾けないという焦りをすごく感じていて、
ピアノに向かう気力が落ちかけていました。
先々週なんて、まる4日間弾かないときもあったくらい。

でも、思い切って先生に相談してよかったです。
負担にならない曲を選んでくださり、発表会までの大まかなスケジュールを決めたら、
一気に気持ちが楽になりました。

宿題
ハノン…暗譜でスケール(F-dur,B-dur,Es-dur,As-dur,Des-dur,Ges-dur)
ツェルニー30番…6番(音階の部分で指がくぐるときに、1の指にアクセントがつかないように)
           7番の譜読み
イタリア協奏曲第3楽章…3ページまでの譜読み
インヴェンション7番…16分音符がレガートで弾けるように。テンポをあげる。
ミクロコスモスVol.2…51,52,53.トランシルヴァニア風に


TBS『夢の扉』見ましたか?

2006/03/06 (月)  カテゴリー/その他

小児がんが原因で視力を失ったピアニスト、梯剛之さんの特集でした。

父がヴィオラ奏者、母が声楽家という家庭に生まれたが、
生まれて間もなく小児がんを発症したために失明。
子どもが喜ぶようなおもちゃを持たせてもまったく興味を示さない。
母は、そんな息子をを膝に乗せピアノを弾くと、うれしそうに鍵盤をたたいた。
これが梯氏のピアノとの出会いだったそうです。

番組の中では、インタビューはもちろん、リサイタルやリハーサルの様子、
病院のロビーでの演奏の様子などを放送していました。
(ショパンのピアノ協奏曲第1番第2楽章,ノクターン第8番他)
音楽番組ではないので演奏は小間切れでしか聴けませんでしたが、
天性のものがあったとしても、ここに到達するまでの努力は並大抵のものではなかったでしょう。
肩が痛いくらいで泣き言を言っている自分が情けない。
練習では厳しく手を取り、楽屋では着替えを手伝い…かたわらでいつも見守っているお母さまの姿にも頭が下がる思いでした。

夕飯の時間と重なってしまったので、途中からしか見られなくて残念。
もっと遅い時間だったらよかったのに…。

その後、明日のレッスンに備えて最後の練習をしました。

ハノンのスケール練習で思ったこと

2006/03/04 (土)  カテゴリー/練習のこと

ハノンのスケールも2巡目に入り、暗譜の練習をしているのですが、
ここ数日で気づいたこと、それは…

『長調(dur)は下降が弾きづらい。』

『短調(moll)は上昇が弾きづらい。』


両方とも特に左手(←コレは右手ですが…)

これって、私だけですか

日常生活で左利きの要素がかなりあるからなのか、ピアノを弾いていても音だけは出るんです。
だからといって、指の動きがついてくるわけではないので、レッスンのときに、
「左だけもう一度聞かせてください…」
と言われてしまいます。

満身創痍~「イタリア協奏曲」を弾く理由

2006/03/02 (木)  カテゴリー/小夏のこと

満身創痍=全身傷だらけのこと。「創」も「痍」も傷の意。
…だそうです。
20年来の肩こりに、妊婦時代から10年以上の腰痛持ち。
今年1月下旬から肩を痛め、そして先週仕事中に右足首を捻挫。
これを満身創痍と言わずになんと言うか。

実は、発表会に向けての練習は、違う曲で昨年暮れから始まっていました。
ところが突然の肩の故障。
1オクターブ分手を広げたり、肩幅より腕を開くと痛みが走る。
腕もすぐだるくなってしまって、練習時間もこま切れ。しまいには練習できない日もあり。

これでは間に合わない!
気が気ではなくなって、他の曲の練習もままならなくなってしまったので、
思い切って先生に相談しました。

インヴェンションの練習だけはほとんど影響がなかったので、そのことをお話しすると、
「バッハの時代はピアノはまだなく、幅の狭いチェンバロで曲を作っていたからでしょうね…。」
と先生。
なるほど自分の体で証明してしまいました。

それで、バッハの曲から選ぶことになったのですが、そこで先生が勧めてくださったのが
「イタリア協奏曲 第3楽章」
もともと、いつか弾きたい曲の上位に入っていたし、私お得意の
『先生の勧めだから弾けるだろう』
という、良く言うと前向き(!?)な考えで、決めました。

私はどちらかというと、マイナス思考が強いのですが、
ピアノに関しては、かなりのプラス思考なんです。

ただ、ひとつ気がかりなのは、途中でやめてしまった曲のこと。
一度始めた曲を途中でやめるのは、私の本意ではないし、
レッスンしていただいた先生にも申し訳ないので、いつか必ず発表会で弾きたいと思っています。

「イタリア協奏曲」楽譜買いました♪

2006/03/01 (水)  カテゴリー/バロック

昨日の午後は研修だったので、帰りに楽器店に寄って「イタリア協奏曲」の楽譜を買いました。
イタリア協奏曲

第1楽章は有名で(某コンビニのおでんのCMに使われている)、
いろいろな曲集に単独で入っていますが、私はどちらかというと第3楽章の方が好みです。

ちなみに、こんな感じ…
イタリア協奏曲 第3楽章

ヘ長調の明るくてカラッとした曲想です。
テンポが速くて、楽しく弾けるようになるまでは時間がかかりそうですが、
半年後に向けて、よい目標ができました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。