スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本番を前にして

2008/10/05 (日)  カテゴリー/教室の

日付が変わって今日、発表会の日を迎えました。

今年の始めから長い期間をかけて練習してきたことを、今日の15分間で出し切ろう。
そうは言っても、持てる力をすべて出すのは難しい。
でも、その気持ちをもって臨むのは大事だと思う。

朝食は、おにぎりにしようかフレンチトーストにしようか。
おにぎりなら、具はしょうゆ味のいりたまご。
フレンチトーストなら、少し甘めがいい。

天気はよさそうでよかった。
若い子達の演奏も楽しみ。衣装も楽しみ。

《大人のピアノ》は私ひとりですが、若い子達に交じって楽しんできます。
スポンサーサイト

全曲決まりました

2008/06/12 (木)  カテゴリー/教室の

今秋の発表会は、音楽史の4つの時代(バロック・古典・ロマン・近現代)から1曲ずつ選曲し、小さなリサイタル形式で演奏します。

バロック・ロマン・近現代は、すでに決まっていてレッスンも中盤にさしかかっていますが、おとといのレッスン(Lesson#09)で古典の曲が決まり、これですべて出揃いました。

◆バロック◆
クラヴサン曲集《第2組曲》より「リゴードン」/ラモー
◆古典◆
「セレナーデ」「アンダンテ」/ハイドン
◆ロマン◆
無言歌集《第3集》Op.38より 「デュエット」/メンデルスゾーン
◆近現代◆
ルーマニア民俗舞曲/バルトーク

すでに決まっていた3曲も、並行して練習できるか、無事に本番を迎えられるか自信がなく、もしかして途中で気持ちが折れてしまうかもしれないと思ったらなかなかお知らせできず、ある程度レッスンが進んで、全曲決まったらお知らせしようと、勝手ながら自分の中で決めていました。

以前の私なら、決まった時点でお知らせして既成事実を作ってしまい、やらなくてはならない状況にもっていくという方法を選んだと思うのですが、ずいぶん弱気になったものです。

でも幸い、最初から変わることなく、細々とかじりつきながらですが、ここまでくることができました。気持ちを入れ直して、ここからスタートです。

15分

2008/02/09 (土)  カテゴリー/教室の

15分。秋の発表会の、ひとりあたりの持ち時間です。
前回のレッスンで、先生からのお告げ(!?)がありました。
そして、バロック・古典・ロマン派・近現代からそれぞれ1曲ずつ、計4曲を弾くことになりました。

前々回のレッスンの時点では、今回は出る人が少ないので2曲弾いてほしいとのことで楽譜をお借りしてきたのですが、前回までの3週間で、さらに倍!

選曲にあたってのポイントと留意事項は、
◆バロックは、バッハ以外から。
◆調性や曲調が偏らないように。
◆曲順は、時代を追わなくてもよい。
ということで、こんな簡単な表を作ってみました。(駄作)

この表に書いては消し、消しては書き…。

縦の欄が演奏順で、横の欄が時代です。
この表に、【曲名・作曲家・およその演奏時間・調性】など、必要な情報をを書き込んでいき、その中から選んで組み合わせてみようと考えています。

バロックは、バッハを外すということで、バッハと同じかもっと古い時代の曲を弾きたいと直感的に思ったのですが、作曲家の名前が浮かんできません。
そこで、先生が以前お仲間と開いた演奏会の資料等をお借りして、先週曲集を2冊買いました。
何曲か音を出してみましたが、やはりバロックは美しいです。

ロマン派は、以前先生から出していただいたツボを刺激する候補曲の中から悩み抜いて選んだので、その曲を弾くことになると思います。とりあえず、譜読みを始めました。

近現代は、なんとなく候補は挙がっているのですが、バロックとロマン派の曲の雰囲気から、古典とのどちらかがメイン(トリ)になるので、決めかねています。

そういう古典ですが…。
ソナタや変奏曲のような、比較的長い曲しか知らないんです。(それも数が知れていますが…。)
「ベートーヴェンやモーツァルトもステキな小品を書いていますよ。」
と先生からうかがったのですが、すぐに決めなくてもということで、次回のレッスンでお話の続きをうかがえたらと思っています。

普通はトリの曲から決めて、それに合わせて考えるのでしょうけれど、先に決めた曲があったので、ちょっと変則的な選曲方法になってしまいました。

演奏順は、できればバロック~近現代として、時代で音楽がどう変わっていくかを自分の中で感じることができたら…と思っていますが、まずは、それだけにとらわれずにいろいろな曲に触れてみようと思います。

小品とはいえ、ソロで複数曲弾くのは初めての経験です。

発表会終わりました

2007/05/22 (火)  カテゴリー/教室の

先週末の5月19日(土)、発表会が終わりました。
発表会前には、『終わったらすぐに記事をupしよう~!』と考えていたものの、気持ちが火が消えた炭のようになってしまい、なかなかできませんでした。
その間いらしてくださったみなさん、申し訳ありませんでした。

会場は、いつもと同じ地元の小ホールで、ピアノはスタインウェイです。
今回は、blogのお友だちのこむぎさん・ミントティーさんとお嬢さまがいらしてくださいました。

会場に到着して早々に、誰もいないリハーサルの舞台袖で先生に、「今朝の雨のせいで鍵盤がいつもより多少重く感じますけど、ブラームスを弾くにはちょうどよいですよ。」と言われました。
このお言葉で、自分の気持ちが一気にプラス方向に働いたように思います。追い風か…。
実際にリハーサルで弾いてみると、先生のおっしゃったとおり、なんと弾きやすいこと。とても気持ちよく弾けました。でもまさか、これがピーク?と思いつつ…

衣装を着けていよいよ本番。
今回初めてドレスを着ました。私をご存知の方はおわかりのように、とてもドレスをステキに着こなせるような体型ではないのですが、憧れだったこの曲はどうしてもドレスを着て弾きたくて、インターネットで探しに探して手に入れました。
(近々写真をupします。もちろん抜け殻ですよ…笑!)
ドレスを着ると背筋も伸び、気持ちがびしっと引き締まるのを実感しました。(腕と体は引き締まりませんが…笑)
スポーツでいうところの『締まっていこうぜ!』という感じです。

そして、名前を呼ばれて舞台へ。
心地よい緊張を感じながらも、自分でも不思議なくらいに落ち着いていました。
でもピアノの前に座ると、白い鍵盤がぐっと迫ってきて、一瞬ドキッとしました。
ここで弾き始めてはいけない…。と心の準備が整ってからスタート。
1ページ目は無難に過ぎ、34~36小節の、ずっと課題だったdolceの部分。ピアノが助けてくれて、なんとか乗り越えることができました。
(心の中で、『よしっ』って言っちゃいました^^;)

いちばんヒヤッとしたのが、3ページ目のuna cordaの部分。
いつも何事もなく過ぎるところでヘンな音を出してしまい、本当に冷や汗が出たのですが、次の和音を手が覚えていて、なんとか止まらずにすみました。ここで止まったら立ち直れないくらいのところだったので、本当にほっとしました。

後半は、いいところでペダルが濁ってしまったり、なぜか隣の音を弾いてしまったりと、細かいミスがぽろぽろありましたが、なんだかとても幸せ~な気持ちで弾けました。

曲の出来はというと、やはり毎度のことながら直前のリハーサルがいちばんよかったのですが、本番の演奏を終えたあとは達成感がありました。

こんな気持ちで弾けたのも、周りで支えてくださったみなさんのおかげです。
ご自身の先生のところでレッスンを受けてまで、この曲をレッスンしてくださった先生。
レッスンや練習へ、いつも気持ちよく送り出してくれた家族。
応援のメールやコメントをくださったblogのお仲間のみなさん。
すべての方々に心より感謝いたします。
本当にありがとうございます。
そして、会場まで足を運んでくださった、こむぎさん・ミントティーさんとお嬢さん、遠くから来ていただいて、またステキなお花をいただき、ありがとうございます。
わが家の玄関に飾らせていただきました。

振り返ってみると、心地よい緊張感の中で、自分でも驚くほど冷静だったなぁと思います。
先ほど『火が消えた炭』と書きましたが、まさにそんなイメージで静かに燃え尽きたという感じです。

(なんだか、まだ頭の中が整理できずに、脈絡のない文章になってしまって、申し訳ありません。)

もうしばらくお待ちください…

2007/05/21 (月)  カテゴリー/教室の

おととい(5月19日)発表会が終わりました。
2日たってもまだ頭の中の整理がつかず、記事の更新ができないでおります。
せっかくいらしてくださったのに、申し訳ありません。
もうしばらくお待ちください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。