スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしかったら

2012/08/19 (日)  カテゴリー/息子のこと

久しぶりなのに、ピアノの話題でなく恐縮です。

よろしかったら、いらっしゃいませんか?
息子が出演します。

続きを読む

スポンサーサイト

ごぼうびは焼き肉

2007/06/02 (土)  カテゴリー/息子のこと

今日は、まめの体育大会でした。
小学校の運動会とは違って表現の演目はなく、すべてが学年別のクラス対抗の競技です。

正直なところ競技を見るまでは、
『中学生になると、冷めてしまってそれなりに流して終わってしまうんだろうなぁ…。』
と思っていました。
でも、それが全然違ったのです。競技にも応援にも全力でした。

団体競技でなかなかゴールできないクラスに、生徒の中のどこからともなく掛け声や手拍子がおこったり、リレーで転んでしまい、悔し泣きしている女の子を周りの友だちがなぐさめたり…。
力を注いでいるから、こういう気持ちが自然と湧いてくるのですね。

そして昼休み、日陰でお友だちのお母さんとおにぎりを食べていたら、あちこちから掛け声らしきものが聞こえてくるので、もう午後の部が始まったのかと思って慌てて行ってみました。
すると、あいている場所を使って1年生は大なわとび、3年生はむかで競走の練習をしていました。
ここでも母さん感心です。昼休みなんて、教室でお弁当食べたらあとは自由に過ごしているとばかり思っていたので…。

今どきの中学生も捨てたもんじゃないですね!

まめも、決して体育は得意ではなく、どちらかというと苦手なほうなのですが、よくがんばりました。
思えば小学3年生のときに、「どうせ遅いから…。」と、明らかに気のない走りをして、
「(前略)おかあさんは、ビリだったから怒ってるんじゃない!(後略)」
と、叱ったことがありました。
それがきいたのかどうか、以来、遅いながらも一生懸命さは伝わってくるようになりました。
でも今日は、さらに成長した姿を見せてくれました。
『ごほうびあげたい!』と思うくらい。

そして結果発表…まめのクラスは1年生で優勝!
小学校では6年間負け続けていたので、初めてのことです。

ごほうびは、タイトルにあるように『焼肉』です~。
私の中では早々と決めていたのですが、先に言ってしまうと、私自身が疲れてしまって行く元気がなくなってしまったらかわいそうなので、家に帰ってしばらくしてから話しました。

焼肉屋さんで、
「優勝したから焼肉にしてくれたの?」と言うまめに、
「ちがうよ。まめががんばったから。優勝が決まる前から、ごほうびに焼肉って決めてたんだよ。」
と言いました。すると、ちょっと照れながら、
「でもさぁ~、あとちょっとのところで抜かされちゃったんだよね~。」と悔しそうな顔を見せるではないですか。
よしよし。人に負けて悔しいと思えるようになったのね…。
悔しいと思えるということは、それだけがんばった証拠。
苦手な分野で、思いがけず成長を見ることができた、よい1日でした。

後半は親バカ日記でしたが、最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。

ただひとつの失敗は、私の日焼け対策不足…。
首は麻のスカーフをぐるぐる巻いていたのですが、すき間があってそこだけ真っ赤。
腕も、何を考えたか七分丈のカーディガンを着てしまったため、腕の途中で境目ができてしまい、アライグマのようです。キュ~

旅立ちの日に

2007/03/23 (金)  カテゴリー/息子のこと

昨日(3月22日)、まめが無事に小学校を卒業しました。
卒業が間近になるにつれ、入学してからのいろいろなことを思い出すごとにじわ~っとしていた毎日を過ごし、この日を迎えました。

七五三・保育園の卒園式と、まめの節目には必ず着ていた着物で出かけました。着付けはもちろん美容院で…。(いつか自分で着られるようになりたいです。)

当日私は、涙涙だろうと思っていたのですが、意外にも湿っぽい涙はまったくなく、さわやかなすがすがしい涙でした。
普段猫背なまめが、背筋をぴしっと伸ばして腰からしっかり礼をしたり、呼名をされてはきはきと返事をしている姿を目にしては、『よしっ』とうなずいたり。

呼びかけや歌は、卒業生全員が舞台の下にあったひな壇へ移動して、こちらを向いてだったので、子どもたちの顔がよく見えてよかったです。
SMAPがCMで歌っていて、今話題の『旅立ちの日に』も歌いました。とてもさわやかでいい歌だなぁと思います。(この曲が、1991年頃埼玉県の中学校で作られて、作詞が校長先生で作曲が音楽の先生ということを、つい最近知りました。)
この曲の楽譜が、たまたまわが家にあった『卒業・旅立ちの歌全集』というピアノの本に入っていて、ここしばらくほぼ毎日弾いていたので、口パクですが一緒に歌ってしまいました。

圧巻だったのが、詩の群読。
『出発するのです』という詩を全員で暗唱するのですが、soloありtuttiありで、詩のオーケストラのようで鳥肌が立ってしまいました。

6年生になってからは、難しい年頃にさしかかったまめの心の中がよくわからずいろいろありましたが、それも子どもが成長している証拠なのかと思い、そのたびに、親も少しずつ成長させられたような気がします。これからも。

だめな母親

2007/03/04 (日)  カテゴリー/息子のこと

今朝のまめとの会話。
ま「今日ウチで遊んでいい?」
小「お母さんピアノの練習するからうるさいよ、それでもよかったらいいけど…。
…『それでもよかったら…』よくないのは私でした。

ピアノはリビングにあるので、すぐ背後でまめたちが遊んでいます。
こんなのよくあることなので、いつも気にしないでかまわず練習しているのですが、今日は子どもたちの声や発する音が気になって、耳について仕方がありませんでした。
完全に、意識は自分が向かっているピアノではなく、後ろで遊んでいる子どもたちにいっていました。

ゲームのボタンを押すプラスティックな音、ボードゲームのルーレットの音、一喜一憂する子どもたちの声…。
「うるさ~い 
と口から出そうになりながらも、わが家で遊んでいいと言ったのは私なので、今さら外に行きなさいとも言えない。
かといって、「黙って遊びなさい」なんていうのもあまりに身勝手すぎる。

そのまま練習を続けたのですが、とてもブラームスなんて弾ける状態ではなく、選曲中の譜読みもできない。連弾のフォルテやフォルティッシモの部分をガンガン弾いてもどうにもならず、とうとう投げ出してそのまま寝てしまいました。

目が覚めてみたら3時間がたっていて、頭がずきずき痛い。
(ここ数日、仕事も立て込んでいたり、体調が思わしくなかったということもありますが。)
寝た頃、ぽかぽかした日差しが入っていた窓は、もうまめが雨戸を閉めてくれてありました。
頭痛が治まらないので薬を飲むと言ったら、まめが中身を出して、ぬるま湯と一緒に持ってきてくれました。
まめが優しければ優しいほど、自分はだめな母親だと思うのです。
今日のことだって、まめは全然悪くないのにね。ごめんね、まめ。

映画でデート

2006/09/09 (土)  カテゴリー/息子のこと

今日は、まめと映画を見に行きました。
先週の私の誕生日に食事に行った記事を書きましたが、本当はその後に行く予定だったんです。
でも、その日はちょうど近所の神社のお祭りだったので、今日に延期しました。

立川のシネマシティで、『日本沈没』を見ました。
つい何年か前までは、まめに行こうと言われて引率(!?)でアニメを見に行っていましたが、今回は違います。私から誘ったデートです。
帰りに伊勢丹のAfternoon Teaで買い物をして、遅いお昼は、まめのリクエストでマクドナルドのドライブスルー(←ここはやはり小学生。どうしても月見バーガーが食べたかったらしい。)
帰りの車の中で、 「次は『UDON』だね。」という話になりました。(また一緒に行ってくれるんだ~
こんなことできるのもあと少しなんだろうなぁ…と思いつつ、帰ってきました。

「20歳になったら、おかあさんと飲みに行く
と言っていますが、あまり期待しないで待っていよう思います(笑)。
子離れできないかも~!? 嫌われないように私も親として成長しなくちゃ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。