スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メガトンプライス!

2007/11/22 (木)  カテゴリー/古典

先日のレッスンの帰り道、途中に新しくできた、書籍・CDレンタル販売店に寄ってみました。
店内を見て回り、ビーズアクセサリーの本→クラシックのCD売り場へ。
(この手のお店に行ったときの、お決まりの行動パターンです。)

以前から、ベートーヴェンの三大ソナタ、または四大ソナタと呼ばれている曲以外のピアノ・ソナタのCDがほしいと思い、探していました。
でも、お店によってあったりなかったり、あったとしてもお目当ての曲が入っていなかったりで、なかなかよい出会いがありませんでした。

そして私の目に飛び込んできたのが、
『BEETHOVEN 10CD-SET』
という四角い箱。裏を見ると、
『The 32 Piano Sonatas Complete Recording』
と書いてあるではないですか!これは待ってました!
でも、箱のどこを見回しても、肝心の値段が書かれていない…。
困って店員さんに聞こうと思って1歩踏み出したときに、こんなPOP広告を見つけました。

メガトンプライス!
輸入版だからできるこの価格
クラシックCD10枚組1,750円


自分の目を疑いましたよ!だって、10枚ですよ。
箱の中身がどんなものなのか心配になってしまい、一度棚に戻しました。その後、
『ちゃんとした販売店で売られているものだから大丈夫だよね?』
『それにしても安すぎ。箱の中に裸でドサッと入っていたりして…(笑)。やめたほうがいいかな。』
と、手に取っては眺めたり、棚に戻したりを数回繰り返し、最終的にはレジに向かいました。

しかし、ピッ♪という音のあとに表示された金額は、2,250円

えっ…と思ったものの、後ろにほかのお客さんが並んでいるし、それでも十分安いしまぁいいか…ということで、会計を済ませてお店を出ました。

買ったらすぐに聴きたい…というか、早く中身を見てみたいという興味本位で、さっそく車の中で開けてみました。(←まるで、ゲームソフトを買ったときの息子のよう。)
箱の中には、一枚一枚ボール紙のケースに入ったCDが10枚。(よかった…ケースに入ってて。)
でも、不織布のインナーケースには入っておらず(やはり!)、そこで丸裸のCDにご対面。
思わずにやけてしまいました。

何曲かピックアップして聴いてみましたが、録音がとてもキレイ。これは当たりかも!
演奏は、すでにCDを持っているほかのピアニストとまた違って、さわやかな華やかがあって、今までに聴いたことがない雰囲気を感じました。
もちろん『みんな違ってみんないい』です。

ちなみにピアニストは、Anne Olandという方です。
スポンサーサイト

次は何を弾きますか?

2007/08/18 (土)  カテゴリー/ピアノ曲のこと

前回のレッスンの終わりに、「(前の会話の続きから)…それはそうと、次は何を弾きますか?」と聞かれ、なぜか『どきっ!』としてしまいました。

というのも…そろそろ次の曲をご相談しようと思ってはいたのですが、ここのところずっと私の前後にレッスンが入っていて先生もお忙しく、そういった時間がなかなかありませんでした。
なので、発表会後の最初のレッスンはツェルニー+インヴェンション+バルトークでスタートかなぁと思っていたので、思わぬ展開に少々面食らってしまったというわけです。

私の希望は…

昨年夏のイタリア協奏曲(ヘ長調)以降、ブラームスの間奏曲(イ長調)、6つの変奏曲(ト長調)と、ずっと長調の曲を弾いてきたので、久しぶりに短調の曲を弾いてみたいと思っています。
曲調は、涙が出そうな感傷的な雰囲気ではなく、深くて重めの曲を。

自分のスカスカの引き出しの中から何曲か候補を挙げていたのですが、その中から整理して、次の3点を先生にお話ししました。

続きを読む

*いつかは弾きたいランキング!*

2007/08/10 (金)  カテゴリー/ピアノ曲のこと

リンクさせていただいているテツさんのblog『おとのく』が、開設2周年を迎えられました
その企画として、 『いつかは弾きたいランキング!』が開催されているので、昨年に引き続き参加させていただきます。

>自分の実力なんかは度外視して、夢のランキングを作っちゃってください。
>みんなで夢を見るのが目的です。


というテツさんのお言葉に甘えて、以下のようなランキングとなりました。

■第1位■
舟歌 Op.60/ショパン
→どんな精神状態のときに聴いても、心にも体にもす~っと入っていく、でも感情に浸り過ぎない、私にとってはそんな曲です。自分で弾くことができたらどんなに幸せだろう…と思います。

■第2位■
ピアノ協奏曲 第1番 Op.11 第2楽章/ショパン
→バラキレフ編曲のピアノ独奏版が弾けたらステキだなぁと思いますが、2台ピアノ版なら第2ピアノで、地味に細々とでもこの曲にかじりつきたいです。

■第3位■
エチュード Op.25-1「エオリアンハープ」/ショパン
→有名なエチュードと比べると地味な存在ですが、とても美しい曲だと思います。
先日、涼しい顔をして弾いている夢を見てしまいました^^;自分のことながら、すごく気持ちよさそうに弾いていましたよ(笑)!

(以上の3曲は、リンクさせていただいている、まいさんのサイトでお聴きいただけます。リンクよりお入りください。)

■第4位■
ピアノ・ソナタ 第21番「ワルトシュタイン」第1楽章/ベートーヴェン
→昨年は候補に挙がらなかった曲ですが、今年の5月の連休に身近な方の生演奏を聴いてから急浮上!ケンプのCDも買いました。カッコいいです!

■第5位■
トッカータ ホ短調 BWV.914/J.S.バッハ
→こちらも最近生演奏を聴く機会がありランクインです。冒頭の緊張感あふれるフレーズで、一気に引き込まれてしまいました。鳥肌です!

改めて読み返すと、好きな曲ランキングのようになってしまいましたが…。
これだけ思い切って書かせていただくと、もう思い残すことはありません(笑)。満足じゃ~。
テツさん、夢を見させてくださってありがとうございます。

ちなみに、昨年のランキングはこちらです→
第3位にランクされていたブラームスの間奏曲Op.118-2は、おかげさまで2年越しの想いがかなって、5月に発表会で弾くことができました。

シューベルトのCD

2007/07/31 (火)  カテゴリー/ロマン

先月から歯の治療に通っているのですが、その帰りに駅ビルの中の楽器店に寄るのが、なんとなく定番になっています。

今日は、シューベルトのCDを買いました。

シューベルト:即興曲作品90・作品142,16のドイツ舞曲/アルフレッド・ブレンデル

車の中で聴きながら帰ってきたのですが、わずか10分ほどの道のりなので、最初の1曲(90-1)しか聴けませんでした。明日は、職場外で研修のため電車に乗るので、あまり混雑していないようでしたら電車の中で聴けたらと思います。

昨日はレッスンでした。記事は明日…あさって…しばらくお待ちください。

そろそろ次の曲を

2007/07/16 (月)  カテゴリー/ピアノ曲のこと

そろそろ、発表会後のレッスン曲のことを考えなくては…と思い始め、過去にピックアップした曲や、先生に勧められた曲、中途半端になっている曲など、いろいろ掘り起こしています。

ただ、次回の教室の発表会との兼ね合いも考えないと、レッスン曲が中途半端なまま発表会の曲にとりかからなくてはならない状況になってしまうので、ついつい慎重になってしまってなかなか絞れません。

教室の発表会は1年半に1回なので、次回はおそらく来年の11月頃でしょう。
そうなると、今回のブラームスと同じくらい時間をかけるとしたら、発表会の曲は来年の4月頃からとりかかることになります。
曲にもよるので一概には言えませんが、舞台で弾く曲はやはりたっぷり時間をかけたい(かかっちゃう^^;)ので、私の場合このくらいの期間は必要かと。

そうするとレッスン曲は、9月から3月までの7か月間にできる曲となりますが、このくらいの期間があったら、小品が2曲くらいできそうな気がしてきました。

弾いてみたい曲はいろいろあるのですが、発表会の下積みになるような曲を選ぶか(例えば…ショパンの比較的易しいワルツをレッスンで弾いて、発表会ではワンランクアップしたワルツにする…など。)、それともランダムに選んでレッスンで弾きながら春頃までに発表会の曲を決めるか。
もちろん、先生にも相談しますが、自分の中である程度まとめておくことも必要かなぁ…と思って考えてみました。

でも…先生と私のお付き合いも4年目に入り、心のどこかで、私に合う曲を、これは小夏に弾かせたいという曲を(そんな曲ないよ10年早いって!)、先生に選んでいただきたいと思ったりもしています。
う~ん、でも先生が選んでくださる曲はハードルが高いんだっけ。
幻想も…イタリア協奏曲も…、
「できるわよ~」と言われましたが…(怖)。

なんだか、発表会の曲とレッスン曲がごちゃごちゃになってしまいました。
眠れない夜は、いつもこんなことを考えて堂々巡りしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。