スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson#38 *お願い、言うことを聴いて*

2007/01/29 (月)  カテゴリー/2006

20070130005302
言うことを聴かないのは、私の指たち。
今日も、スネたり飛び出したり大変でした(^_^;

■ツェルニー30番■
◆10番
1拍目はしっかり入り、16分音符4つのかたまりが、片手で弾いているようになめらかに。
3つ目が右の1指がのとき、上から落ちているので、アクセントがついてしまう。4つ目の音は抜く。

9小節目からの4小節間は、左手は上下の動きで、右手は這うように。

最後の4小節間は、音が離れたクレッシェンドだが、フレーズの作り方は最初と同じ。

以上のことに気をつけて、テンポを上げて、次回で終わりにしましょう。
(前回もそんな気が…。)

◆11番
上昇スケールの最後の8分音符が短く間が詰まってしまうので、テンポをしっかり守って。
(メトロノームに合わせると、すでに2小節目からずれている…。)

自宅でも、メトロノームの力を借りて練習してみて。
(普段は、メトロノームは最初にテンポを確認するくらいにして、あとは自分の耳で保てるようにとおっしゃるのですが、今日はよほどヒドいのか…。)

一度ゆっくりに戻って(8分音符=88)からテンポアップして(8分音符=120)、次回で終わりにしましょう…。
(できるかなぁ…。)
■間奏曲 Op.118-2■
昨日、かなり弾いたのですが…

◆もっと間があってよい。間の前のルバートも、もう少しあってもよい。

◆符点のリズムでクレッシェンドをかけるときは、拍の頭の音で考える。1音1音かけるとべたっとする。

◆テンポを揺らして進ませたら、フレーズの終わりでは必ず戻して収める。

◆長いクレッシェンドを山登りに例えると…、一度登り始めたら、振り向かずにどんどん登る。和音でない音がやせてしまわないように。
(目からウロコ!!まさにそんな場面。すごくイメージしやすくなりました。)

◆余分な手の動きが見られる箇所がある。拍頭は手をしっかり落として、弱拍は抜く。1音1音上げたり下げたりしない。
◆2ページ目のリピートの中がカラッとしているので、しっとりとした音で。この曲は、ブラームスの晩年の曲なので、そのことを頭にいつもおいて。

◆3ページ目のuna corda…しっかりタッチして和音の上の音をよく響かせて。
最後の5つの和音は、真ん中の音の移り変わりを意識して弾く。
(気をつけて弾くと、その音が浮き出て聞こえるから不思議です。)

続きを読む

スポンサーサイト

Lesson#37 *呼吸して*

2007/01/23 (火)  カテゴリー/2006

レッスンは19日(金)でしたが、練習会の記事と前後してしまいました。

■間奏曲 Op.118-2■
なんだか手が落ち着かないまま通して弾く。
以下、先生のコメントです。
◆まとめ方がずいぶんよくなってきた。
◆全体を通して言えることは、『正直すぎる』
フレーズのおさめ方やブレスを考えて。ritほどでもないが、ルバートをかける場面が各段に1カ所くらいある感じ。
◆冒頭のPはもう少し出したほうがよい。次のPPとの関連を考える。特に和音は全部の音をよくつかんで。
◆自分の音をよく聴いて、一緒に呼吸をする。それがちょうどよいルバートになる。
(…確かに、息を止めて弾いているかも~笑)
◆左手の内声が大きい。特に2指の黒鍵。
(毎回言われてる…。)
◆同じことを繰り返す場合、1回目と2回目は同じように弾かない。几帳面に3拍子で弾くとつまらない。
(あ…また言われてしまった。)
◆3ページ目の和音の連続…ミ#-ラ#-ミ#の和音の白鍵(ミ#)が弱い。
(真ん中の音を抜いてオクターブの音だけ弾いてみると、その和音だけがへこんでいるのが歴然とわかる。ホントだ~。)
白鍵が混じる和音は手前で弾くとよい。
◆Tempo Iからは、旋律と内声で対話をしているように。
(先生が弾くと、別々の人が弾いているみたい)
◆最後のアルペジオは、ベース音を控えめに、上の音を響かせる。
◆細かい要求が増えているが、それは表現の幅が広がっているということ。
歌えている部分は、聴いていて流れがよいのがわかる。
◆長いフレーズの前は、大きく呼吸してみるとよい。歌をうたうのと同じように。

■連弾のための6つの小品より ワルツ■
先生がプリモを弾いてくださり、1回通す。
猛練習(!?)の甲斐あって、だいぶ流れてきました。
楽しくなってきた~♪

■ツェルニー30番■◆10番
粒はきれいにそろって、長さもきちんとできているので、テンポを上げて。
dolceを気にして、遠慮しておとなしすぎるので、しっかりタッチして。

◆11番
3-4-5がすべる。
楽譜通りしっかりクレッシェンドをかければ、防ぐことができる。
最後の3段は、しっかり強弱をつけて。
どちらも次回で終わりにしましょう。

バッハとバルトークはお休み。

本当に『レポート』になってしまってすみません。
(レポートというわりには考察がない…。)

次回のレッスンは、1月29日(月)です。

Lesson#36 *2007年初レッスン*

2007/01/13 (土)  カテゴリー/2006

Lesson#36 *2007年初レッスン*

新年初レッスンは9日でした♪
初レッスンなのに、どうして#36なの…?と思いますよね。

なぜかというと、ピアノレッスンを再開したのが2月だから…という、私の小さなこだわりです。

今回もK子さんと続きでお願いして、真ん中を連弾の時間にしました。

■連弾のための6つの小品より ワルツ■
ゆっくりながらもかなり練習したのですが…二人で合わせると『なに!?』っていうくらい、全然弾けなくなってしまいました。

◆楽譜に目をやってはいるが、見てはいても追えていない。
◆かといって、手元に集中できているわけでもない。
◆一度つまずくと、止めてもらわないと入れない。

目が泳いでいるのが、自分でもわかりました。

先生は、
「連弾は、まだ曲が決まっていない人がほとんどだから、今ここまでできていれば心配ないですよ。」
とおっしゃいましたが…。
次回K子さんと一緒のレッスンまでに、つまずいてもせめて流れを止めないようにしなければ…低い目標だ。

■間奏曲 Op.118-2■
ペダルの指示が多かったです。
そのほとんどが、自分でどうしようか迷っていたところだったので、ひとつずつ見ていただきました。
その他は、
◆Pのフレーズの中のアクセントは、突出した音にならないように。
強く弾くのではなく、際だたせるイメージで。
◆2ページ目のpiu lentoの後、a tempoで左手が3連符の伴奏になると、テンポが前より速くなってしまう。
3連符になっただけでも速く感じるので、走らないように気をつける。
◆3連符の伴奏のとき、2の指で弾く黒鍵の音にアクセントがついて聞こえる。タッチに気を遣って、重みは1拍目に。

この日はなぜか、連弾のときから集中力が欠けていて、弾けるところでミスタッチをしたり、止まってしまったり。
へこみっぱなしのレッスンでした。

そんなでも、先生は必ず良いところを見つけてほめてくださるんです。
がんばらなくちゃ。

次回のレッスンは、1月19日(金)です。

Lesson#35 *ピアノのチカラ*

2006/12/29 (金)  カテゴリー/2006

こんにちは!! 小夏です♪
ただいまネットカフェに来ております。
ということは…そう!! 久しぶりにパソコンからの更新です!!
なんて快適な…。

今年最後のレッスンは、26日(火)でした。
またこの日は、ピアノが来てから初めてのレッスンでもあったので、なにかいつもと違う心持ちで先生のお宅に向かいました。

それにしても当日の関東地方はひどい雨…。
車を降りてから傘をさすまでの数秒でびっしょりになってしまいました。

K子さんのほうがひと足先に着いていましたが、あまりに雨がひどいので、前のレッスンの子を近くのバス停まで送っていたので、私からレッスンスタートです。

■間奏曲 Op.118-2■
まずは最初から通してということで弾き始めたのですが、ピアノから出た音の大きさにびっくり。
『なになに…!?』
(と思いながらもそのまま弾き続ける…。)
前回のレッスンから15日たっているので、私にしては日にちがあいているけれど、いつもと同じレッスン風景。なのに、なにかが今までとは違うんです。
(でも、いやな違いではないぞ…。)
弾き終わると先生に、
「音が変わりましたね。すごくしっかりとしたタッチになりましたよ。」
と言われました。
でも自分の中ではよくわからなくて、思わず
「全然違いますか!? そんなに違いますか!?」
と念押しのように聞いてしまいました。
(先生のおっしゃることを信じていないわけではないのですが…笑)
すると、
「全然違いますよ。ピアノで練習を始めたからだと思いますよ。」
と先生。
そうなんだ。これってピアノのチカラだったんだ…。
そう思うと、なんだかじわ~っとうれしさがこみ上げてきました。
さっそく成果が実感できてうれしいです。

肝心のレッスンですが、その後ははじめに戻って、部分部分のフレージングやペダリングなどを細かくみていただきました。
この曲を始めたころは、先生はアップライトで模範演奏をしながらのレッスンでしたが、この日は違いました。

かぶりつきです(笑)!!

フレージングのときは、
「進んで~クレッシェンド~、はいブレス~…」
と手振り付きで。
ペダリングのときは、
「う~ん、もう1回…あ、今のいいですね~…」
と腰をかがめて。

こんなにアクティブな先生を見たのは初めてでした。

una cordaの部分は、鍵盤に近いところから前に押すような深いタッチで、ソプラノを響かせるように。
左右の内声がメロディーになる部分は、意識を集中して際立たせて。家での練習は少しアタック気味に弾いてみてとのことでした。

次は、K子さんとの連弾です。
■連弾のための6つの小品より ワルツ■
二人で合わせるのはこの日が初めて。
まだ合わせるには申し訳ない程度しか弾けないのですが、せっかく同じレッスン日なので無理やり(!?)合わせました。
案の定私はぐずぐず…。K子さんは強弱までついていて、それに合わせるという状態でした。
年明けのレッスンまでに、ゆっくりでもテンポを守って弾けるようにすることを目標にします。

次はK子さんのレッスンなのですが、図々しく居座って聴かせていただきました。
だって『革命』なんだも~ん。

先月の練習会のときは左手だけをゆっくり弾いていたのに、この日はすでに両手になっていて、テンポも少し上がって最後まで弾いてしまいました。
すごいな~♪

K子さんのレッスンが終わった後、今日は私たちで終わりなので、時間があれば弾いてもかまわないということで、遠慮なく連弾の練習をさせていただきました。
ちょっと弾いては、お互いに『ごめんごめん』の言い合いでしたが(笑)、最初に合わせたときよりだいぶ良くなったと先生に言われ、少しの時間でも有効に使えば前に進めることを実感しました。
(でも、まだ曲というにはほど遠いんですけどね…。)

新年の初レッスンも決まり、ごあいさつも済んで帰るはずが、レッスン質で立ち話→玄関で立ち話(寒~)。

新年初レッスンは1月9日(火)。5月の発表会に向けてがんばります。

なんだか今日は、とっても長くなってしまいました。
最後まで読んでくださってありがとうございます(多謝)。

Lesson#34 *難しいけど楽しい♪*

2006/12/14 (木)  カテゴリー/2006

どんどん遅れるレッスン日記。
レッスンは11日(月)だったのに…。

今回は、ブラームスと連弾のラフマニノフの2曲をじっくりみていただきました。

■間奏曲 Op.118-2■
音符以外の、強弱にもだいぶ目がいくようになりました。が…

◆右手1の指で2つの白鍵を弾くところは、音が隣り合っているため、ばらけると汚く聞こえてしまうので、2つの音が同時に鳴るように。

◆和音のいちばん上の音がメロディーになっているところは、P(ピアノ)でも際立たせて。
◆P(ピアノ)と書いてあると遠慮しすぎてしまう傾向があるので、タッチはしっかりと。

以前先生が、
「この曲は、譜読みができてからが大変ですね。」
とおっしゃっていましたが、そのとおりです。

でも、前回できなかったことが、ひとつずつでもできるようになるのはうれしいです。

■連弾のための6つの小品より ワルツ■
前回よりはほんの少~しだけテンポを上がりましたが、1小節を1拍と数える3拍子にはまだほど遠いです。

先生にプリモを弾いていただいて通して合わせるのは2回目。
先生に置いて行かれそうになってもなんとかついて行こうとするのですが、
「あ~、すみません…。」
と止めてしまうことが、まだ何回もあります。
この曲はテンポがたびたび変わるので、なるべくK子さんと二人で合わせる時間を多くとりたいので、がんばらなくては!!

さて、次回のレッスンですが…年内の月曜日はあと2回あるのですが、インヴェンションも新しい曲ですし、ブラームスも連弾ももう少し進めてから行きたいので、次回の約束はしませんでした。
来週の後半か再来週の前半くらいに行けたらと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。